FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: 自転車 > メンテナンス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kirin号 復活への道 第一弾 チューブ交換

2年前の誕生日に友人たちに買ってもらったKirin号は初ライドでチューブが破裂して以来、ずっと放置されたいました。


シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~

シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~




完全に蜘蛛の住処となっています。ということで最初の作業は蜘蛛の巣除去。この時点で体中蜘蛛の巣だらけ。

次にあらかじめネットで予習(こちらのサイトを参照)しておいた後輪はずし。まずは後ろのギアを一番外側にセットし、その後Vブレーキの解除。ここまではスムーズに完了。

そして次はクイックレバーをリリース、って書いてるけどそんなものが見当たらない。ふつうにボルト締めであった。ということで工具を部屋までとりに行き、ボルトをはずそうとしたがいかんせん1年以上放置され、さびもひどくめちゃくちゃ硬い。早くも苦戦。再度部屋に戻りWB-40をぶっ掛け、早くもここでとりあえず一服しながら一休憩。

タバコに火を消し、再度ボルトはずしに挑戦。HULKのような唸り声を上げ満身を力を込めたその瞬間、ボルトが根気負けをしたのか回ってくれた。逆側はあらかじめWB-40を掛けておいたので屁をこくくらいのパワーですんなり外れてくれた。


シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~


外れたホイールからタイヤをはずし、これまた1年以上放置されたままだったスペアチューブの装着作業。どこかのサイトでチューブをつける前にあらかじめ多少空気を入れておいたほうがよいと読んだ記憶があったので、まずはちょっと空気を入れてみた。


シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~

そしてちょっと空気の入ったチューブをホイールの周りに巻きつけ、その上にタイヤをかぶせそして再度空気を入れる。当たり前だが空気を入れていくごとにタイヤが大きくそして硬くなっていく。この張ってきたタイヤに触れるのがやたらうれしかった。


シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~

そして修復された後輪を車体に装着し、本日の作業完了。ホースで水も掛けてやった。


シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~

しかしこのKirin号まだ乗れる状態じゃないようだ。前輪は常にブレーキがかかったような状態でうごかない。逆に後輪はブレーキがゆるゆる。知ってる範囲で軽く調整してみたがしっくりこない。ハンドルもやたら曲がっていた。


シドニークルー チャリ部 ~Tour de Sydney ~

雨も降っていたのでとりあえずハンドルだけまっすぐに直し、後は次回にということに。しかし今回思ったのは、この自転車やたら重い。まあでもせっかくもらったプレゼントだし、とりあえずなおして、家の近場でも走って足の筋力アップにでも使えたらと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。