FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: オーストラリア生活 > 日常生活

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

楽しい休暇の後のかなしい現実

彼女には実際どこまで見えているのかわかりませんが結構光に反応します。これからあの飛行機に乗ってシドニーに戻ります。

S__5177377_R.jpg

 
こいつで到着の朝まですやすや寝てくれることを祈ります。

S__5177379_R.jpg

このバシネットの席、足も延ばせるし、当然赤ん坊も寝かせられるし素晴らしいんだけど一つ欠点はこのバスケットのせいで映画を見るスクリーンが出せなくて何も見れないこと。。WIFEも帰りの便で今話題の「君の名は」をすごく楽しみにしていたようでしたが見れずに結構がっかりしてました。

エビスは本当においしいです。

S__5177380_R.jpg

この後チビFeltwomanは熟睡できずに何度も起きては泣いてました。狂ったような大泣きではなかったので周りのお客さんには迷惑は掛かってないと思うけど泣き止ますために授乳したりしなければいけないWIFEは特にお疲れだったと思います。

今回赤ん坊乗せての飛行機は初めてだったけど改めてJALのサービスの良さに関心。他の航空会社と比較したことはないけどさすが日本の航空会社って感じでした。

荷物もいつもの一時帰国より、チビ自身はもちろん、チビグッズが増えただけにさらに多くなりました。今回最後まで悩んだのがこいつを持って帰ってくるかどうか。

IMAG3056_R.jpg

船橋の実家が近くに住んでる親戚から借りていたのだけどこれが高さも調整できるし、フラットにもできるし、移動も簡単だしかなり重宝した。もう親戚の子供は大きくなって必要ないのでほしかったら持って帰っていいとのこと。WIFE曰く同じようなものはシドニーには売ってないけど、ただ1万円とか余計にお金を払ってまで持って帰ってくる価値はないと言う。ベビーカーは荷物の数にはカウントされず無料で預かってくれるというのでこれはベビーカーではないがたたんでしまえばベビーカーっぽくは見えるということでとりあえず空港までもっていってチェックインカウンターでお金がかかるといわれたら送りに来てくれた両親にもってかえってもらうことにした。JALのスタッフもその辺わかっていたのかもしれないが特に追加料金を請求してくることなく快く預かってくれた。感謝感謝。

そして今回は荷物も多かったので空港から家までも日本人が経営してる送迎サービスを使って帰った。タクシーみたいに待つこともなく、料金もあらかじめ固定なので渋滞でも課金の心配もなし。たぶん料金もタクシーと変わらないとおもうし、おすすめのサービスです。

YS リムジン


シドニーはやっぱり暑いです。うちのレディースはお疲れのようで爆睡中。これから荷物の整理、そしてたまっている請求の支払い、食料品の買い物など急にうれしくない現実が戻ってきてしまいました。明後日から仕事にも戻ります。さらに体重計に乗ってもびっくりの数値を見てしまい本当に3週間前に戻りたい気持ちでいっぱいです。

相当散財もしたなぁ。脂肪も短期でこんなに増えるのかというくらい腹回りパンパン。年末年始だけにこっちでも飲み食いはするとおもうけどほどほどにしないといろんな意味で非常にまずいです。とりあえず明日から重くなったチビかかえてスクワットでも始めます!





にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Feltmanさん、次回の一時帰国をお待ちしています!
ukgwさん、先日は有難うございました。次回は是非うちのチビちゃんにも会ってやってください。頂いたミズノのシューズ履いていきます!

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。