FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: オーストラリア生活

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

チビFeltwoman誕生 第二章

7月8日朝6時、また病院に戻る。

WIFEの部屋に行くと早速昨日最初に話したインド人のおっちゃんドクターがやってきた。なんか昨日後から来たおばちゃんドクターが帝王切開の話降っちゃって申し訳なかったみたいな感じで切り出してきた。この2人中悪いんだろうか。おっちゃんドクターはナチュラル出産をやはり勧めてくる。WIFEももう切っちゃおうかと決めていたようだったがまたここで悩まされる。当然といえば当然だがどのドクターもあくまで俺は、私はこう思うけどあとは自分たちで決めてくださいという感じだ。おっちゃんドクターは数分後に帰ってくるから二人でもう一回話し合ってと言い残し部屋を出て行った。

午前中もう一回促進剤を試してそれでもだめだったら午後切るか、それとももう朝切っちゃうか。個人的には前者でもいいのかなとも思ったがWIFEが昨日どれだけ体力的に、そして精神的に疲れているのかは全く想像がつかない。やはり本人に決めてもらったほうがいい。ちょっと話しているうちにいくつか質問が出てきたのでもう一度ドクターを呼んでもらうよう助産婦に頼んだ。

 
待つこと10分くらいだっただろうか。入ってきたのはさっきまで話してたインド人おっちゃんドクターではなくアジアンねーちゃんドクター。昨日も1,2回病室にチェックには来ていたドクターだ。またいくつか質問するとたぶんWIFEが帝王切開に抵抗があるのではと思ったのだろう、結構やってる人多いし、術後もちょっとしたら動けるようになるしそんなに心配しなくても大丈夫みたいな感じで話しかけてきた。切る場合には彼女が執刀するとのこと。たぶんそれを聞いてWIFEも安心したのかもしれない。もう朝出してもらうことに決めた。

そこからはもうとんとん拍子。帝王切開のリスク等の説明を受けた後、書類にサインをしすぐに手術室に向かう。

P1140111_R.jpg

旦那も手術に立ち会うようだ。医龍とかチームバチスタとか医者系ドラマ結構見てるしイメージトレーニングはできてるつもりだ。しかし実際WIFEの腹が切られてえぐいものがいろいろ出てくるのを生で見ることに耐えられるかどうか正直不安はあった。

P1140119_R.jpg

先にスタッフそしてWIFEは手術室に入り待つこと10分くらい。中に入るように呼ばれた。

こんなに緊張したのはかなり久しぶりだ。

しかし手術室に入るとそんな心配はまったくご無用、WIFEの首から下にはカバーがしてあり自分は顔の横においてある椅子に座るよう指示される。まあそりゃそうだ。立ってカバーの逆がどうなってるのか見ようと思えば見えただろうが万が一気絶でもして倒れて空いてる腹の中に顔でも突っ込んでしまったらシャレにならない。黙って座ってWIFEそしてカバー越しに見える医者たちの表情をうかがう。彼らが笑顔で語りながら作業をしている間は問題なくことが進んでいるのだろう。WIFEに関しては下半身の身の麻酔ということで顔は普通に動いて話せるし、腹をぐりぐりされるのも痛みはないがぐいぐい腹を押されてる感覚はあるようだ。

やっぱり人間っていうのは今でも徐々に進化していってるんだろう。20年前は槙原が140代後半を出すとみんな騒いでいたが今じゃ高校生が150キロとか平気で出してる。ダルビッシュは外国人の血が入ってるから参考にならないけど今球界を騒がせている大谷とか藤波なんて2メートル近いのに動きがとろいどころかキレキレだ。アイドル・女優達もAKBとかは違うんだろうけどスタイル売りにしてる子たちはもうみんな8等身だの9等身だのみずきありさ系だろう。たった10年、20年でも明らかに進化が見られる。生まれてくる子も新人類なのかなぁ。いやぁわくわく。北川けいこ系かなぁ、ななお系かなぁ。WIFEの手を握りながらそんなことが頭によぎっていると

ギャー ギャー

おお、ついに!どれどれ


IMAG2342_R.jpg

まず先に目が行ったのは鼻。

ああぁぁぁぁぁぁぁぁ、ほんとすまん、それの△の鼻の穴完全の俺のだ。。

赤ん坊はおかんとご対面。

P1140125_R.jpg

たぶん顔に近すぎてよく見えないだろうか感無量だったんだろう。それにしてもついさっきまでこの赤ん坊が腹に入っていたとは。

P1140133_R.jpg

レバニーズ真っ青の肩毛。ちっこい手で軽くケーブルつかんでます。ちょっと外そうとすると結構な力で握ってる。もしかしたら将来いいフォーク投げるかも。

この時点ではそんなふざけたことを考えていられる余裕があった。


つづく

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Feltmanさんこんにちはー!

わーーーーーーーーーーーーーー!日本に帰っててしばらくチェックしてなかったと思ったら!!!びっくりしました。おめでとうございます!!!!!!!!!!!!!!!
Satoさんこんばんは。

ありがとうございます!!早速いろいろ洗礼をあびてます。すべてがはじめてなのでわからないことだらけで精神的にも疲れますね。。子育てのほうもいろいろとご教示お願いします!!

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。