FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22

Category: オーストラリア生活

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

シドニー粗大ごみ事情

昨日日曜日は我が家でチャリ部の女子会が開かれていました。自分は仕事から帰ってきたときにはすでにお帰りになったメンバーもいましたが途中からちょっとだけ皆さんと久しぶりにお酒飲んで会話を楽しむことができました。そして日本にいるメンバーの二家族が鍋やってるということでビデオコールつかってご挨拶。ほんと便利な世の中です。メインのライドはおろそかですが未だにこうやってみんなで集まって楽しい時間を過ごせるのはすばらしいことです。

話は変わりますが先日月一の粗大ごみの回収日ということで街中の道沿いにはいろいろとガラクタが置かれていました。個人や業者も含め回収日前日は掘り出し物を求めて徘徊する人も多いですが、先日は家のすぐ前にこんなものが捨てられていました。

IMAG2046_R.jpg

 
見た感じ普通に乗れそうだし、一番奥のやつはかなり古いとはいえロードバイク。昔だったら絶対持って帰っていろいろ直してちゃんと走れるようにしてたんだろうなと思いつつ、変にガレージに入れといてまたこじ開けられても嫌なので手を付けず。でも速攻なくなるだろうと思ってたけど、なんと驚いたことに翌日も3台ともきれいに外に置かれたままでした。やはり自分のFELT2台持って行った奴らはちゃんとチャリの価値わかっててパクったんですねぇ。

ちなみによく粗大ごみでおちてるのはぼろい家具とか通販で買ったはいいけど全然使われなかったであろう腹筋マシーンとか。最近は見ないけどちょっと昔はブラウン管のテレビとか。個人的にはあまり道に落ちてるものとか拾って持って帰る気にならないがこの前はWIFEがこんなもの拾ってきてました。

IMAG2047_R.jpg

なんか汚らしいちっこいテーブルでしたがペンキで白く塗ったら結構いい感じのものになりました。ぶっちゃけ$5とか$10で売れそう。きっとこれで飯食ってる人たちもいるんでしょう。すべて処分されちゃうよりもほしい人に拾って再利用してもらったほうが効率はいいけど、回収日の何日か前は道沿いはゴミだらけで見た目よくないし日本では普及しなそうなシステムですね。結構調子乗っていろいろ拾ってこないようにしないとです。




エレクトーンってこんなすごいものなんですねぇ。知らなかった。素晴らしいの一言。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Feltmanさんこんにちはー!

ウチの市ではバージコレクト無くなったんですよねー。
年に2回、電話で呼べば来てくれる、というシステムになりました。
周りの市ではいまだにやってますので、通りがかったらやっぱりチラチラ
見てしまいますね。自転車乗らなくなった今でもやっぱり見ちゃいますよw
De RosaとかTimeとかのフレーム落っこちてないかなーなんてwww
Satoさんこんばんは。

電話のシステムのほうが何か買い替えたときとか粗大ごみの日までいらないものを自分で保管しなくていいしありがたいですね。以前公共交通機関のすいかーみたいなやつの話題の時も思いましたがパースのほうがなんかシドニーより進んでることが多い気がしますねぇ。自分も古いゴルフバッグとか落ちてるとついつい中身確認しちゃいますね。大体すでに中身抜かれちゃってますけど。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。