FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: オーストラリア生活

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

新参者への洗礼 30号&820号拉致られる

オールブラックスやはり強かったですね、ワラビーズも本当に頑張ってましたが。五郎丸がブリスベンのチームに来るとかなんとか。本人にとってはこっちのレベルの高いリーグでプレーしたほうがいいのかもしれないけどせっかく日本で盛り上がってきたラグビーで一番集客力ある選手が海外行っちゃうのは避けたいかもしれませんね。

さてまたどうでもいい生活ネタですが、引っ越しして2週間以上経ちましたがなかなか落ち着きません。いろんなものの住所変更の手続きやらお金のことやら新居の整理やらなんやら。変な頭痛が最近ずっと続き、酒も増えます。そして体重も増えます。自分もWIFEも仕事しながらだし、肉体的にも精神的にも結構来てます。そしてさらに追い打ちをかけてくれたのが先日のこの事件。

IMAG1626_R_R.jpg

MTB Q820、Hybrid Speed30 拉致られる。。





 
休日の昼間、ホームセンターに車庫の整理のための棚でも買いに行こうと部屋を出て車庫に向かう。

鍵を解除してハンドルをひねろうとすると指にちょっと違和感が。こんな傷あったかな。引っ越ししたてだけによくわからない。

そしてドアを開けるとさらに違和感が。

あれ?ラックに縦にかけておいた2台のチャリがない。。

10秒くらい唖然としただろうか。そしてようやく何が起きたか理解できた。

誰かパクりやがった。。

ゴルフバッグとか持っていかれていないし荒らされた後とか全然ないので気づくのに時間がかかった。

チャリ2台以外に消えていたのは洋服の入ったスーツケース。なんであんな重くて価値のなさそうなものをわざわざ盗むんだ。ゴルフバッグとかには全く手を付けずに。いまだにこれは意味不明。

IMAG1628_R.jpg

手口はよくわからないが、たぶんこのハンドルの下に穴をあけてそこから棒のようなものを突っ込んでレバーを押したりしたんだろう。

IMAG1607_R.jpg

ホーンズビー田舎とか馬鹿にしてたからかな、いきなりの洗礼を浴びた。

かなり静かな場所で住人の何人かはガレージのドア開けっぱなし。昔買ったぶっといチェーンも車庫にあったが南京錠どこにあるかわからなかったし、まあ後で見つかった時にかけときゃいいやくらい思ってた。普通にガレージのドアかけてたし、一番奥の車庫で全然目立たないし、ほんとまさかだった。っていうかロードバイク2台も何日か前までここ入れておいたけど上持って行っておいてマジでよかった。

IMAG1611_R_R.jpg

警察にも報告した。まあでもチャリが返ってくる可能性は限りなくゼロに近いだろう。大体は他州に持っていかれてさばかれるらしい。シリアルナンバーがわかればもし窃盗団のパクったバイクたちを見つけられた場合はその時には帰ってくるといわれた。

新品で買ったハイブリッドのほうは買ったレシートに手書きでシリアルナンバーが書いてがよく読めないので翌日店に連絡するとオーナーが変わって過去の顧客の情報がないとかなんだかでわからず。そんなことがあるのか。。

そしてMTBのほうは中古でかったが買った店と日時は説明書に書いてあったので連絡するとこれまたオーナー変わってデータがないからわからないといわれる。。ひでえなぁ。。

みなさん、万が一の時のため愛車のシリアル番号はちゃんと保管しておいたほうがいいみたいです。

当日はショックでかかったが2台とも全然乗ってなくて埃かぶってたし、一度は売りにも出したバイクたちだ。結局プロの窃盗団の仕業だったのか、その辺の悪ガキの仕業だったのか、もしかしたら同じ建物に住んでるやつがやったのか。まああれこれ考えてもわからないし、酒飲んで忘れるしかない。どこかに売り飛ばされた際は新しい持ち主に楽しく乗ってもらうことを祈ろう。

まあこの事件が原因じゃないけど今年も残念ながら参加予定していたGONG RIDEは走れず。参加者1名が途中で倒れてしまってそのまま亡くなってしまったという悲しいニュースを聞いた。RIPです。チャリ部から参加した皆さんは楽しくはしられて無事完走できたみたいです。お疲れさまでした。来年はこそはぜひ皆さんと。




同じ年の人間が来年から監督かぁ。なんかこっちも一気に年食った感じがあるなぁ。まあ大学卒業してからすぐこっち来ちゃったからなのかもしれないけど慶応時代黄色いボルボのってブイブイ言わしてたのがそう昔のことのように感じない。もうちょっと現役やりたかったんだろうなぁ。見た感じ体絞れてるし、まだ打てたんじゃないかな。大先輩たち差し置いての監督だけにプレッシャーもすごいんだろうなぁ。なにあともあれ来年からの彼の監督の采配に注目です。


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Feltmanさんこんにちはー!

そういう洗礼は要りませんね、本当に。
難しいとは思いますが手元に戻ってくるといいですね、
長く付き合ってきた相棒たちですから。
Satoさんこんばんは。

とくにハイブリッドのほうは一番初めに買っていろいろいじったり通勤で使ったりと愛着のあるバイクでしたから悲しかったですね。それ以上に人が一生懸命働いて買った愛着のあるバイクを平気で盗めるという無神経で、ある意味かわいそうな連中がいることが悲しいですよね。多分もう彼らは帰ってきませんが、このブログでいろいろ思い出のこせてるのでちょっと救われてます。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。