FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: オーストラリア生活

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

中年の決意 親知らず抜歯

オーストラリアに着てから15年近く、歯の治療はこっちはやたらたかいっていう話がちょくちょく耳に入ってくる。親知らずを抜くのに飛行機代出しても日本で抜いた方が安かったとか保険は全く聞かないとか。よくないことだが歯医者も今までは何かあってからじゃないと行くことはなかった。最後に歯医者に行ったのは前回日本に帰ったときだからもう3年以上前の話だ。そのときは詰め物が取れたので銀歯を入れてもらった。

ちなみに「オーストラリア 親知らず」でGoogle検索したらUKGWさんのブログが1ページ目の上から3番目にヒット。
http://ukgw.exblog.jp/12739937/

UKGWさんも結構苦労されたみたいです。

今回日本で高校の友人と飲んでいたときやたらそいつの歯が白かったので何かしたのかと聞いたら矯正やらインプラントやらホワイトニングやら200万くらいかけたとか言っていた。

 
かなりの高給取りのようなので200万はたいしたことないのかもしれないがまあ200万とまでは行かないまでも自分らもそろそろ体に気を使って金もかけはじめないければいけない年になってきたということだ。

そしてこっちに戻ってきたあとすぐに仕事でたまたま歯医者のお客さんがきたので軽く親知らず抜くのにいくらくらいかかるのか聞いてみると軽く口の中をみたあとで「まあまっすぐ生えてるみたいだし1本$200くらいじゃないかな、プライベートの健康保険入ってればいくらかカバーされるだろう」とのこと。

あっそんなもんなんだ。

彼が帰った後ブッキングできそうな時間と保険屋にどれだけ負担してもらえるか聞くために必要な情報をメールで送ってくれた。なかなかの商売人だ。いいやつそうだし、自分よりちょっと若いが独立してやってるみたいだから腕も悪くはないのではと勝手に想像。その後保険屋にといあわせると年内に$1000まではカバーできるという返答が。じゃよろしくたのみますわと彼にメール返信してブッキング。

とりあえず1回目はレントゲンと歯のチェック。下の両サイドの親知らずは黒っぽくなっていたので虫歯になっていたことは知っていたが両サイドともその手前の歯の虫歯が結構ひどいらしい。1回目はそれだけで$300近く、保険で9割負担。いやぁどれだけ機材が高いか知らないけど歯医者儲かるなぁ。

そして残り年内2回で$700までクレームできるのでそれに収まるようにプランを立ててもらう。次は右の親知らずの抜歯と手前の虫歯の治療、その次は左の親知らずの抜歯と手前の虫歯の治療。

15日、月曜日緊張の2回目。麻酔を口の奥に打たれた瞬間舌に痛みが。しかしその後は完全に麻痺状態となりてまえのむしばをなおしたぐいぐいと10分ほどやられたらもう終わり。WIFEが以前親知らず抜いたときはすっぽり開いた穴を縫ったようだが、そういうことはしないらしい。口にガーゼをつめたまま帰宅。

翌日はやはり口の奥に軽い痛みと違和感がある。そしてしばらくすると穴から変な汁が出てるのか臭くて味も気持ち悪くてこれが出てくるたびに吐き気がする。何が俺の体内から分泌されているんだ。痛みが絶えられるがこいつがきつい。言われたとおり塩水で口をゆすいだりしたがこの得たいの知れないものは分泌し続ける。

その翌日もあまり進展なし。痛みも引く感じはなくむしろちょっと悪化しているようにも思えるがパナドールを飲みながらごまかしごまかしと言った感じだろうか。痛みはいいがへんな汁がつらい。

本日、3回目。前回よりちょっと厄介で歯を折ってから引っこ抜いたようだ。麻酔も前回より利きが弱かったのかちょっと痛く抜かれた瞬間もわかった。前回抜いた方はというと、ちゃんと血が穴をふさいでくれてなかったようで骨が出てしまっている状態(ドライソケットというらしい)でそこから痛みが発生しているとのこと。ドライソケットになる確率は5%ほどらしい。何てついてないんだ、この前グラサン当てて運を使い果たしてしまったか。もしかしたら臭い汁のせいでうがいをしすぎたのかもしれない。とりあえず小さいガーゼをつめてもらう。

IMAG0331.jpg

いらないといったがわざわざ袋につめてもってきたのでとりあえずもって帰ってきた。

今まだ口の中が麻酔の利いた状態だが麻酔の効果がなくなったとき両サイドからあの分泌があるかと思うと気が重い。

まあでも自分のはラッキーな事にまっすぐに生えていたので特に手術もなく簡単に抜歯を終えることができた。ちゃんと自分で調べることもなく勝手な思い込みでこれまでずっと避けてきたが終わってみれば(穴がふさがり痛みが引いて違和感なくなるまで1-2ヶ月かかるみたいだが)、請求は$1000、実費は$40くらいで終わった。

プライベート保険はWIFEの会社が半分負担してくれてるとはいえ年間$1000以上払ってる。これまではコンタクト買う時くらいしか使ってなかったけど、この前ぎっくり腰のときにいったフィジオや鍼でも9割負担だったし、マッサージとかも年間数百ドルくらいはカバーしているらしい。今年の疲れをほぐしてもらって来年に備えるのもいいかもしれないですね。どなたかシドニーのいい(ハッピーエンディングじゃない)マッサージ屋知っていたら教えてください。



彼は何を目指してるのでしょうか?


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

親知らずプロジェクト、お疲れさまでした。やっておいて良かったと思うのは、親知らずとレーシックですかね。次はオーストラリアで視力アップに挑戦して下さい。
UKGWさんこんにちは。抜くまでぜんぜん痛くなかったし今中途半端な痛みがずっと続いているのでまだよかったとは思えてないのですが1日でも早くそう思える日が来る野を祈りつつ生活してます。レーシックおすすめですか。そろそろ老眼はいってきてますがその辺も対応してくれるんですかね。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。