FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 日本滞在

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

日本の警察にちょいがっかり

いやぁなんかおかしいと思ってたのですが日本には2年ぶりだと思っていたらなんと3年ぶりだったようだ(前回の記事のタイトルは修正済み)。最後に帰ってきたのは2011年10月。確かに翌年2012年は借りていた家を出なければいけなくなり、次は購入と決めていたので家探しだのいろいろな契約手続きだの、そして何よりもこれまで経験のないでかい借金をしただけに一時帰国はしなかった。そして去年2013年はちょうど半ばに10年働いた職場を辞め、就活して今の職に就いた。始めたばかりでいきなりでかい休暇を取るのも厳しいということもあり(今覚えば全然できたと思うけど結果を出す方を優先してしまった)帰国せず。そして今年も6月くらいに帰ろうと考えていたがちょっと仕事のタイミングもあわず現在11月に戻ってきた。いやぁまさか3年ぶりだったとは。これはちょっといかんですね。これからはかならず1年1回は帰ることにしよう。

なんでこのことに気が付いていたかというと家に免許更新のはがきが来ていたからでした。

 
免許取って20年くらい経ちました。これまで日本で捕まったことがあるのは大学生時代にバイクでスピード違反で捕まった一回きり。大学卒業してAUSきてから日本に帰ってくるタイミングが悪かったり、更新期限すぎちゃって初心者に戻されたりでいまだにブルーの3年に一回更新、いつも家から1時間近くも離れた免許センターまで行って2時間も講習受けさせられていましたが、今回ついについにゴールド免許になります!

ほかの都道府県はどうかわからないけど、千葉県の場合はゴールド免許保持者の場合はわざわざ免許センターいかなくても最寄りの警察署で免許を更新でき、講習もたったの30分。これまでの3年から更新も5年に一度のようだ。いやぁすばらしい。

届いたはがきによると警察署で更新する場合は即日発行ではなく後日取りに行くか郵送してもらうか。まあまだ10日くらいあるし、べつにそれまでに間に合わなくてもAUSに持って帰る必要はない。

そんなわけで腰もだいぶ良くなってきたのでちょっと軽くチャリで警察署行きますか。

IMAG0154.jpg

ずっと外に置きっぱなしのままチャリです。。

IMAG0156.jpg

シートをどれだけあげたかすぐにわかるので戻すのも楽です。

IMAG0155.jpg

あれ? うちのチャリたしかゴムベルトだった気がしたが。同じような形と色だったから気が付かなかったがここ3年でチャリ買い換えたようだ。錆がすごくてもう10年は使ってるような感じにしか見えない。まあちゃんと乗れればいい。

警察署で更新の場合は証明写真がいるということで最寄駅前の機械で証明写真をまず撮る。

IMAG0147.jpg

30分くらいかかっただろうか。とりあえず無事到着。11月ってもっと寒いかと思っていたがもうちょっと体動かせば半袖で大丈夫だ。

特に記入用紙もないようだ。受付にも2人くらいしか並んでない。もう何百人もいるような免許センターとは大違い。最高だ。

自分の番が来た。

免許の更新に来たと伝えると、「講習は来月の9日に市川市(船橋市の隣の市)であるけど出れますか?3年前から署では講習しなくなったんですよ」。

おいおい、まじっすか。。そういう大事なことははがきに書いておいてくれよ。。

文句言ってもどうにもならないのでなくなく署を出た。 結局免許センターに行かなければいけないのか。800円だして撮った証明写真も無駄になってしまった。

この腰の状態でさらに1時間以上かけてチャリで免許センターにはいきたくなかったのでとりあえず船橋で買い物をしに行くことに。

途中同じタイミングで署を出た警察官の乗る2台のカブに信号で追いつく。2台のカブは数台の車の後ろに並んで止まっていた。

その時、その横を後ろに女の子を乗せた野球帽をかぶったノーヘルヤンキーがでかいスクーターで横切る。ただ車の前につきたいのかなと思ってたらそのまま信号無視して左折。向こうも車と車の間にいた2台のカブに最初は気が付かずぬいてしまい、信号の前で止まったら捕まると思ったんだろう。左折後もめっちゃ後ろ気にしていた。

興味津々で2台のカブのほうを見てみると何か会話をした後1台が行きそうな動きを一瞬見せたがもう間に合わないと思ったのかそのまま。信号青になると自分と一緒に直進。

ええぇ。

まあカブじゃ追いつかないだろうし、変に追っかけて事故られても困るだろうからってことなんだろうけどちょっとがっかりだなぁ。AUSだったらチャリ警官でも追っかけるんじゃないかな。

心境はまさにこんな感じだ。



いやぁ時間持て余してるのでたくさん書いてしまった。


ポールウォーカーの遺作、楽しみです。



にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。