FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 自転車 > パーツ・アクセサリー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

500ルーメン

前回の投稿でチャリ通ハイブリッド用にあらたに購入した600ルーメンのライトを紹介した。明るさ的にはこれ一つあれば問題ないと思うがいつ充電切れるかわからないしもう一つほしい。同じのを買えば左右対象で見た目もいいし何も問題ないのだがちょっと気になるやつを見つけてしまった。500ルーメンと若干明るさは劣るが値段がなんと$45。eBayででてる中国からおくられてくる怪しいやつではなくWiggleで売ってる。

500-lumen-lifeline-light.jpg

LifeLine USB High Power 500 Lumen

 
やたら安い。さすがに不安になるのでReviewを読む。マウントはちゃちいがそれなりに明るい見たいな事が書いてある。

ポチッ。

めっちゃお買い得なのか、それともまたまた安物買いの銭失いなのか、実際確かめたい誘惑に勝つことできず。


やっぱWiggleは届くのが早い。

とりあえずしょぼいといわれているマウントをMoon 600のものと比較してみよう。

まずはMoonのやつ

DSC_0034_800.jpg

なんかすごく考えられて作られてるなぁっていう感じのデザイン。もちろんしっかりフィット。

次はLifeline

DSC_0035_800.jpg

確かに安っぽい。元々3枚のゴムが入っていたが3つだときつくて入らず2つだとゆるい。ということでハンドルバーにテープをクルクル巻いてゴム2枚にしてとりあえずフィット。


これまでのライトになかった機能がこれ。

DSC_0039_800.jpg

USBの携帯充電器をもっていればライトが充電できるようだ。走行中に充電できるとは思えないし便利なんだろうか。


見た目比較

DSC_0040_800.jpg

DSC_0042_800.jpg

値段相応にMoonのほうが見た目もかっこいいけど、そこはチャリ通号にはそこは重要ではない。


次回は実際のライトとしての機能を比較します。

(つづく)


本日の一曲

待ちに待ったSixx Amの新作。これが一発目のシングルのようだ。



まだ数回しか聞いてないがとりあえずもっとヘビーなの期待していただけに最初の感想はちょっとがっかり。アルバムが出るのはもうちょっと後のようだが他の曲に期待しよう。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。