FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: チャリ部

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

GIROさん そんなに帰りたくないの?

前日北京ダックディナーの後もまたGIROさん宅にお邪魔して軽く宴会。日曜日は朝10時からと遅めの仕事スタートだがさすがに疲れたまってるな。

結構暇だったこともあってマネージャーに行って早めに上がらせてもらった。日中はGIROさんはWIFEといっしょに車の返却等で忙しくしていたようだ。そしてなんか日本での乗り継ぎでも日程が違ってたとかでかなりトラぶったようだ。最終日にしてかなり精神的に疲れただろう。

自分は仕事終えてそのままGIROさんちに向かう。

DSC_0637_800.jpg

この景色ももう見納めだ。限りなく地面に近いところに住んでいる自分としてはこの眺めは非常に憧れだ。

 
GIROさんはこれでもかというくらい忘れ物がないかを確認する。そりゃそうだ。

鍵は家の中に残してでろといわれていたらしい。不動産屋が合鍵を使って取りにくるのであろう。

自分は一足先に玄関を出て目の前のエレベーターに乗り込む。GIROさんは1年半住んだこの空っぽになった部屋(家具付だから家具は残ったままだが)をドアノブを握りながら最後にもう一度中を覗き込みそしてゆっくり手を離した。

その3秒後、あることに気が付いた。

あっ、鍵ないから駐車場から車だせねーじゃん。

誰かが早めに出るなり入るなりでゲートを空けてくれるのを待つしかない。まあ時間は結構余裕あるから大丈夫だろう。

DSC_0633_800.jpg

帰りはスーツケースと梱包されたチャリにもう一つ小さな手荷物。あらかじめ寸法を聞いていたので縦に入ることは確認済みだったが実際スポット収まって一安心。これで後ろのシートの3分の1だけで倒して、後ろにWIFEも座ることが出来る。やっぱRAV4いいなぁ。会社の車なのでいつまで乗れるかわかんないけど。

目玉屋さん、そしてまたまたはるばるWollongongからバンエスさんも空港に来るということで空港近くのHurstvilleという中国人が多い街でまた中華。

DSC_0638_800.jpg

昨日のダックとは違いかなり今回はそんなにゆっくり出来ないしリーズナブルなディナー。楽しかったからぜんぜんいいんだけど結構最近金も使ったな。

チェックインまでまだちょっと時間あったので最後の乾杯。

DSC_0641_800.jpg



久しぶりに空港に来た。最後に来たのは去年WIFEが日本に帰ったときに迎えに来たときかな。

DSC_0646_800.jpg

夜の便だからなのかチェックインカウンターもやたらすいてる。

DSC_0647_800.jpg

カンタスにも日本人スタッフ(もしかしたら日本語の出来る韓国人とかだったかもしれないけど)もいるようだ。ホントいろんなところに日本人(?)働いてますね。

自分はカウンターのちょっと奥で待っていたがなんかちょっと時間がかかってるな。なんかあったのかな? もしかしてチャリの箱でかすぎ? それとも昼間もめてた乗り継ぎの件ちゃんと解決してなかったのかな?

近くに行って聞いてみるとなんとオーバーブッキングで席がないらしい。そんなことあるんだとおもってGoogleってみると普通にあるようだ。航空会社は普通にキャンセルやぶっちが多いため、空席をなくすためにあえて席数より多めに予約を取るらしい。まあわからないでもないがみんな来ることだって普通にあるだろうに。

ここでカンタス側からの提案としては、

① 席が空いていればこの後に出発するチャイナエアで香港経由で帰る。

② 明日また戻ってきてカンタスの同じ便に乗る。ビジネスにアップグレード、ホテルもカンタスが手配する。

実はGIROさん翌日の午後に娘さんの幼稚園にサプライズお出迎えをする計画があったようだ。あさってから幼稚園が休みに入るからサプライズお出迎えは明日しか出来ない(記憶が定かではないが確かそんな感じだった)。チャイナエアだと香港で待たされるため明日中に名古屋には着くが時間が間に合わないらしい。

自分だったら迷わず②を取るがやはり彼の中では娘さんへのサプライズの方がビジネスクラスの空の旅より価値があるのだろう。

GIROさん、とりあえずその時点で結論を出さずにもう少し待つことを決断。

なんか受付の人いわく、まあ95%は乗れると思うけどもうちょっとまってみないと確証は出来ないみたいなこと言ってるのが聞こえた。まあ大丈夫なのかな。

とりあえず搭乗時間ぎりぎりまで待つ。近くのカフェで時間つぶし。$15分のバウチャーをカンタスからもらったようだ。

DSC_0652_800.jpg

GIROさんはコーヒーをおいしく味わえたのだろうか。

30分後またカウンターに戻る。



DSC_0653_800.jpg

結局空席が最後まで出ず、チャイナエアも満席。明日帰ってくる以外選択しなし。

いやぁ気持ちわかりますよ。自分も数年前、自分の結婚式のために日本に帰るのに空港でパスポートの有効期限切れてることカウンターで指摘され愕然としたのをはっきりと覚えてる。まああれは自分の完全なミスだったから状況は違うけど、ほんとこんなことあるのかって感じだろう。ちなみに自分は結婚式は数日後だったのでなんとか領事館で片道パスポートみたいなもの発行してもらって無事式に間に合うことができた。

空港近くのホテルという選択肢もあったようだが、明日も便は夜の便。しかも自分も明日仕事休みと言うこともあって家にくることに決定。

DSC_0654_800.jpg

3時までいろいろ思い出話も含め語ったかな。最後の方完全にGIROさん落ちてて何いってんのかよくわからなかったな。飲みましょう!っていってたけどあんまり酒すすんでなかったな、昼間からいろいろ乗り継ぎとかでも相当もめたみたいだし精神的にも相当疲れたんだろうな。

明日は元々自分は友人とゴルフは入ってたのでGIROさんもいっしょにプレーすることに!

玉かっ飛ばして今日あった嫌な事ぜんぶ吹き飛ばしてくれ!

いやぁしかし長い一日だった。


つづく


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。