FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 自転車 > パーツ・アクセサリー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

買い物の達人への道 二品目:フロントライト

早速第二弾。



最近自分の本職はスポーツ新聞の記者なのではと思ってしまうくらい毎日新しいねたを探している。

ねたVS銀行口座残高、どっちが先に底を着くかという感じだ。


話がそれてしまった。本日のお題となるアイテムは夕方以降自転車に乗るには必須のアイテム


フロントライト!




いまさら説明するまでもないがフロントライトには2つの大きな役目がある。

1つ目は自らの視界のため。


特に暗い道を走るときはフロントライトの明かりによって目の前の障害物(石、穴、小枝、ガラスの破片等)をよけて走ることができる。

2つ目は他人(特に車)に自分の存在を知らせるためである。

自転車とは言ってしまえば完全無装備状態で車道を走っているものだ。車にでもはねられようものなら無傷ではすまないだろう。ということで特に夜間では自転車につけるライトによって早めに車に自分の存在を見せる必要がある。ウィッキーさん風にいえば See and Be Seen 両方重要なわけである。


自転車を購入してからの3ヶ月、Giantwomanのものも入れて合計5つフロントライトを購入した。今後自転車を購入する人たちは必ず買わなければいけないフロントライト。ぜひこの記事を参考にして自分にあったベストなライトを一発で購入し(もちろんライトは1つだけと言うよりもたくさんあればあるほどいいのではあるが)、無駄遣いをしないようにしていただければ幸いである。



lights.jpg

左から順に (金額は買った当時の値段)

Planet Bike Spok Light-Wht    $12.95
Cellbikesで購入。送料無料にするために適当に追加した一品。

Blackburn Flea 2.0 Bike Light USB Front+Rear Combo  $33.82
eBayで購入。リアライトも着いてこの値段。USB充電。

Blackburn Voyager 3.3 / Mars 1.0 Bike Light Combo  $43.90

eBayで購入。リアライトも着いてこの値段。Giantwoman用に購入。

Smart Lunar 35 Lux Front Light $31.44

Wiggleで購入。2Wの出力。半額セールだったので購入。Giantwoman用。

Cygolite ExpiliOn 250 One-Piece Rechargeable  $124.95

Cellbikesで購入。5Wの出力、USB充電。現在$100切った様だ。聞いた話だと$200だして購入した人もいるらしい。



と言った感じで一番安いものと高いものでは10倍の値段差がある。では実際これらのライトの性能がどのくらい違うのか、それぞれ払った金額に見合った価値があったのかどうかここで検証してみよう。

今回行った実験はワークショップ内の照明を消し、各フロントライトを壁に照らし明るさを比較(See),
そしてもうひとつは正面から照らし明るさを比較(Be Seen)。

実は今回の実験でGiantwomanの一眼レフを使って写真を撮ろうと思ったが、勝手にフラッシュをたいたり、暗闇で光をなるべく集めるためかシャッター速度を以上に遅くされたりと、見たままの明るさをどうやって撮っていいかわからなかったのでiPhoneで撮らざるをえなかった。ということであまり写真のクオリティーはよろしくない。

normal.jpg



値段の安かった順から行こう。


まずは
Planet Bike Spok Light-Wht

唯一の白いライトだ。デザインも悪くない。


spok00.jpg

See:

spok01.jpg

Be Seen:

spok02.jpg

結論:


これひとつで夜道を走るのは自殺行為。目の前のものもほとんど見えないし、対向車からは目の前からホタルが飛んできたとでもしか思われないだろう。対向車が自分の存在に気づいたときにはもう引かれている。メインライトではなく点滅用オンリーならまだ役立つかも。ただ$12の価値はないと思える。こんなの買うんだったら、おなじCellbikesで良いシャツが買えた。


Blackburn Flea 2.0 Bike Light USB Front+Rear Combo  

mars00.jpg


これは一番最初に何を買おうか悩んだ挙句購入したライト。USB充電と言うのが魅力的だった。すでにTREKer Girlさんも使用していたと言うことも購入の決め手のひとつとなった。デザインはかっこいい。四つ目。なぜだかわからないがガンダムチックなデザインに感じる。


See:

lunar01.jpg


Be Seen:

lunar02.jpg


結論:


USB充電、この小さい体から結構な光が放たれているという意味で値段を考慮してもポイントは高い。Spokとは雲泥の差。Be Seenとしての役割は十分果たすが、結構な暗闇をいつも走るのであればSeeのほうはパワー不足だ。点滅用として使うのであればお勧めの一品。


Blackburn Voyager 3.3 / Mars 1.0 Bike Light Combo

Voyager00.jpg


前に紹介したFlea 2.0はSeeがちょっと弱かったこともあり、Giantwomanにはあえて乾電池式だがFlea 2.0より明るい光を放ってそうだと思い購入。結果はこちら。

See:

Voyager01.jpg

Be Seen:

Voyager02.jpg


結論:


光が白い。ただ放たれる光の範囲が狭い。調節もできないようだ。Seeのほうに期待してただけにかなりガッカリの一品。Be Seenは点滅ようとしてはいけてるが、図体もでかいし電池式だし、セカンドライトしてもFlea 2.0のほうがいいのでは。メインライトとしての購入だっただけに外した一品。一緒についてきたリアはまあ普通だった。



Smart Lunar 35 Lux Front Light

lunar00.jpg

Voyager 3.3のみでは夜ポタは厳しいと判断し、Giantwomanのメインライトとして購入。Wiggleで半額セールだったこともあり、前回の失敗も考慮し、Reviewもいくつか読んだ上で購入。

See:

mars01.jpg

Be Seen:

mars02.jpg




結論:


さすが2Wというだけあって前の3つとはSee/Be Seenともに比較にならない。こいつはお買い得だった。しかし夜間車道を車と一緒に高速スピードでいつも走るのであればもっと明るくてもいいかもしれない。



最後は皆さんおなじみ

Cygolite ExpiliOn 250 One-Piece Rechargeable

5W、240ルーメン。USB充電式。まさかライトに$100以上だすとは当初思っても見なかったが、ウィリーさんに実物を見せてもらった瞬間こいつは必要かもと思いポチってしまった一品。

cygo00.jpg


See:

cygo01.jpg

Be Seen:

cygo02.jpg



結論:


080728234341.jpg




ライトと言えばこんなライトをTREKer部長がワークショップに寄付してくれました。

nori.jpg

めちゃくちゃ明るいです。これで夜でも細かい作業も暗くて困ることはまずなさそうです。


sita.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。