FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: 自転車 > メンテナンス

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

いらない見栄は高くつくだけ

1ヶ月ちょっと前くらいでしょうか、タイヤをミシュランPRO3からPRO4に調子に乗って変えてみました。本来はこのようなタイヤは競技志向の人たちがつけてはじめて有り難味がわかるのかもしれないがまあ買えない値段でもないし見栄はって履いているわけであります。まあただの自己満足なのでぜんぜん問題ないのですがこういうタイヤは早く走るにはいいんだろうけどちょっとした欠点が。

DSC_0076_800.jpg

写真のちょうど中心あたり、黒い部分の右サイドざっくり切れちゃってます。まだ新しいのに。。

コンチのGP4000Sらとならんでクリンチャー最強とのうわさのPROシリーズですが耐久性、パンクにはあまり強くないようです。

いやぁでも買ったばかりなのにこの一つのカットでもう終わり? なんかいい修理方法とかないのかなぁ。。

ネットで調べてみると古いタイヤの切れ端内側から張って、さらに外から瞬間接着剤でくっ付けたりなんてしてる人もいるみたいだけど基本ゴミ箱行きのようだ。出先の応急処置としては札束折ってタイヤの内側に入れたりすることもあるらしい。

ちなみにこの状態で普通にチューブに空気入れると切れ目からチューブが顔出しちゃってます。走った瞬間パンクでしょう。

そういえばこんなアイテム持ってたな。

DSC_0073_800.jpg

チューブではなくタイヤ用だと思います。ただ応急処置用みたいなこと書いてるしどうなんでしょうか。

タイヤの破れたところの裏からこれを張ってみたけどぜんぜん粘着力がなくぜんぜんくっつかない。

DSC_0074_800.jpg

じゃあこいつを使って張ってみよう。

DSC_0079_800.jpg

こんな感じになった。本来はこんなケチった使い方をせず白いやつ全部貼り付けるのかもしれない。ただなんか走っててぼこぼこしそうな気がしたのでとりあえず小さめに切って張ってみた。

DSC_0062_800.jpg

ホイールに実際はめて空気を入れてみる。内側から白いパッチがこんにちはしてます。うわぁ、なんか走ってるときバーストしそうでちょっといやだなぁ。もしかしたらこのまま普通にいけるのかもしれないけど予備タイヤなんて持って走らないしちょっとこの状態で遠出したくないなぁ。

ということで泣く泣くこのPRO4はあきらめ、1つストックとしてあったPRO3に付け替えることにしました。いてぇ。

ちょっと次タイヤ買うときその辺も考慮に入れないとだめですね。まだGP4000Sのストックもあるからしばらく先のことでしょうけど。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Feltmanさんこんばんはー!

まだ下ろしたてでそれはショックですね〜。でもばっくり逝っちゃってたらもうダメですね・・・。ワタシもむかーしおんなじ事してぷっくり出てきましたよw
SATOさんおつかれさまです。

ですよね、もったいないですけど唯一自転車と地面に設置してる部分ですし変にケチったら高くすむどころじゃすまないかもしれませんしね。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。