FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 自転車 > イベント

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

チャリイベント Century Challenge

5月19日(日)、シドニーから車で1時間くらい北上したところにあるERINAという街でチャリイベントが開催されるのでチャリ部の仲間数人と一緒に参加してきました。

前回のキャンベラに比べたら楽勝だろうとぶっちゃけ余裕かまして前日は夜まで飲んでました。

当日朝5時起床。めっちゃ眠い。そして外はめっちゃ寒い。まああの雪山の中走ってるジロに出てる選手たち見ちゃうとそんなこといってられないですけど、とはいっても寒いものは寒いです。

20130520_182851_800.jpg

 
Pymble駅に朝6時15分集合です。自分たちがついたときはすでに皆さん集まってました。よかった、ウクレレさん今回はPenrithじゃなくてちゃんとPymbleにきてくれた。

1時間後出発地点に到着。もう明るくなってるけど寒い。

P1070227_1280_800.jpg

P1070234_1280_800.jpg

公園内の建物で受付。温かいコーヒーが無料でもらえました。

P1070232_1280_800.jpg


今回チャリ部は皆100kmコースを選択。

P1070246_1280_800.jpg

スタート地点。意外と出発前のスピーチが長くみんな軽くイライラ気味。寒いから早くスタートしたい。

P1070242_1280_800.jpg

地元の警官たちでしょうか。このジャージ着てチャリ通してみたいです。

P1070250_1280_800.jpg

さすが田舎。すぐに山道に入ります。

P1070255_1280_800.jpg

P1070256_1280_800.jpg

P1070257_1280_800.jpg

早速登りです。でも勾配もきつくないし緑もきれいでたくさんのライダーも走ってるから楽しい。しかしWIFEと自分はチャリ部の仲間たちから後れを取り始めた。

そして、後輪パンク。WIFEにも先に行ってもらう。

さてさっさと直してみんなに追いつくか。レバーでタイヤをはずしてチューブ交換。CO2噴射っとくかとサドルバックの中を手探るがCO2の先っちょのやつがない。。あれぇ。。

WIFEから電話がかかってきた。GIROさんと一緒に近くの休憩所で待っているとのこと。とりあえずWIFEには先行って貰い、ミニポンプである程度入れてから休憩所でGIROさんにCO2のアダプター借りることにした。

なんかすげー疲れちゃったな。走り始めてから2,3kmで休憩所で待っててくれたGIROさん発見。空気入れ直して出発!

P1070264_1280_800.jpg

GIROさんの後ろについてしばらく走る。気分はカデル。

P1070265_1280_800.jpg

WIFEに追いつき次の休憩地点まで3人で走る。

その後途中みんなに追いついては離され。

P1070280_1280_800.jpg

P1070294_1280_800.jpg

P1070285_1280_800.jpg

P1070299_1280_800.jpg

P1070307_1280_800.jpg

もう最後の方WIFEはバテバテ。みんなだいぶ前に行ってます。もう回りに走ってるライダーもかなり少数。

P1070271_1280_800.jpg

そして残り5kmを切ったであろう場所でまたもや自分の後輪がパンク。勘弁してくれよ。

WIFEのCO2をつかってぱぱっとチューブ交換しゴールを目指す。

もうだいぶ近くなってきたはずだ。そのまま走っているとすごい下り坂に入った。キャンベラのあの激坂を思い出させる。そして下までつくとT字路が。どっちに行くかのサインがないぞ。

いやな予感が頭をよぎる。Google Mapで現在地をチェックしようとしたが3Gが入らずチェックできず。くそぉ、これだから田舎は嫌いだ。田舎というよりも携帯会社を攻めるべきかも知れない。

そんなとき困っている様子丸出しだったのか、イベントをすでに走り終えたであろう人が車を降りてこちらに向かってきた。

『ゴール目指してるの? もしかしてこの坂降りてきちゃった系? やっちゃったねぇ、君たち』

そして今の坂ではなく、もっと勾配の少ない(勾配5%距離3kmといっていた)の登りの道をわざわざ教えてくれる。地元のライダーなのだろう。やさしい。

ただ前回のキャンベラでも道に迷って散々だったし、これ以上知らない道を走って余計迷うのは簡便なのであえて今降りてきた道を戻ることに。途中まではあってたのは間違いし。

きちい。もうイライラ度もMAX。ちょっと後ろを見るとWIFEは歩いてる。きっと半泣きだろう。途中何度か休憩しながらやっと登り切る。もうだいぶ前にゴールについてるであろうGIROさんにやっと携帯の電波が入ったので電話を入れる。どうやらウクレレさんが迷子になったらしい。

P1070308_1280_800.jpg

ここ朝走ったな。もうゴール間近だ。

P1070312_1280_800.jpg

到着。もう係員も撤収作業してました。精神的にものすごい疲れたイベントでした。

ちなみに迷子のウクレレさんは我々と同じ坂を下ってしまい(ウクレレさんいわく45度の下り、でも実際は10%くらいでした)、そのまま最寄の駅までいって待っていたので11pmさんが来るまでピックアップ。無事みんなでシドニーに帰ることができました。

そして一度解散して夜にルーべさんのお宅で打ち上げ鍋。

1410715309_n.jpg

20130519_182621_1280_800.jpg

昼間の疲れを忘れさせてくれる、おいしい食事と酒とともに盛り上がった打ち上げとなりました!


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

お疲れ様でした!
こちらのイベントはルートを見つけ出すトレッキング的な要素がありますね。
さりげないキャリアへの苦言に爆笑してしまいました。
MotorollaのGPS機能がよいというブログを見つけてSIMロックされてないハンドセットを探す今日このごろです。
Feltmanさんこんにちはー!
最近この迷える子羊ちゃんシリーズが多いですね。Mymaprideとかで地図に線引いてGarminに入れておいたらどうですか?めんどくさいですけど。
それにしても45%の下りはヤバイですね。1m進むごとに45cm下ってますよw
うるふさん、Satoさんこんばんは。

いやぁまあ迷うのは自分らのペースが遅くて他のライダーがほとんど回りにいなかったり、係員がもういなくなってしまうのが原因なんですけどね。。GONG RIDEくらい人が多くてゆっくり走る人も多いイベントではそんな心配もないんですが。

うるふさん>Motorola何か良いのありましたか? 最近はめっきり見なくなりましたね。でもいくら機種がよくGPS拾ってくれてもネット繋がらなかったらGOOGLEMAP使えないですよね。。

SATOさん>真顔で45%あったと真顔で言っていたときは思わず笑ってしまいましたが登ってるときは自分も30%くらいあるのかとおもいましたよ。。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。