FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: 自転車 > パーツ・アクセサリー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

もうパンクは怖くない? ミニパンプGET

昨年終わりのチャリ部ライドで自分自身だけでなんと3回のパンク似合うハプニングがあった。予備チューブは自分とWIFE一つずつあったがそれでも足りず、しかもCO2だけ所持していたのでこれまた足りず仲間に借りることに。CO2もそんな何本もいつも持ち歩きたくないしやっぱミニパンプ何かとあったほうがいいかなと思ったのでポチっておいた。年末年始の休みもあってか1ヶ月かかったけどやっと手元に届きました。

20130119_121347_800.jpg


すでにミニパンプはMTBのフレームにくっついてるのが一つ、通勤用バッグのなかにも一つ入ってる。週末のライドのときもバッグから出して持っていけばわざわざ新しいのを買う必要はないのだが忘れる自信はかなりある。

このLEZYNEのやつを選んだのはチャリ仲間ルーべさんがこれと同じか同じような先にチューブをつけるやつをもっていて空気を入れやすそうだったから。

20130119_121850_800.jpg

バランスを崩して後ろに倒れたのだろうか?おぼえてない。それはいいとしてこのようにバルブの先にチューブをねじ込めるので空気漏れもなし。先にチューブをパンプにつけてからねじ込もうとするとパンプがすごい邪魔します。

そしてパンプをチューブにねじ込む。

20130119_121911_800.jpg

一回空気を抜いて入れてみた。8.3Barまで入れられると書いてあるがそこまで入れるのはボブサップ並みの腕力が必要かもしれない。結構パンプが熱くなって顔も赤くなるくらい入れてみたが4Bar位しか入ってなかった。まあとりあえず最悪それでも走ることはできるだろう。

P1050495_800.jpg

とりあえずシートチューブに付けてみた。ボトムチューブだと目立ちすぎるしWilierの文字が隠れる。背中のポケットに入れるという手もあるがかなりの確立で持っていくの忘れるだろう。

必要なときはパンクしたときなので使いたいんだか使いたくないんだかよくわからないアイテムであるが、まあそのうち役にたってくれるときが来るだろう。


本日の一曲

アルバムPUMPから





にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。