FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 自転車 > 通勤

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シドニー市内のサイクリストの信号無視問題

これまでは半そでシャツにアームウォーマー、もしくは長袖シャツ、その上にベストでチャリ通してましたが今朝から長袖のウィンドブレーカー着始めました。結構シドニーも寒くなってきました。


先日またサイクリストねたの記事がオンライン新聞に掲載されてました。お題はサイクリストの信号無視についてです。

IMG_3617_800.jpg

 
シドニーの中心地City周辺ではこのようなサイクリングレーンがいくつか走っていてそこには自転車用の信号機も着いています。

この自転車用の信号機、歩行者用と同じタイミングで青になったり赤になったりするのではないんです。

IMG_3616_800.jpg

この菱形の線が書かれている部分の下に磁気のセンサーが埋め込まれていてこのセンサーがなにかを感知したときにだけ初めて信号が青に変わるようになっているようです。自転車の鉄の部分に反応するのでしょうか?ホイール、フレームすべてフルカーボンでも問題ないのだろうか?くわしいことはまったくわかりません。

これ知らない人多いようです。自分もどっかで記事読むまでは知らなかった。左側がちょっと高くなってると信号待ちのときに左によって高いところに足乗せる人多いから、先頭で止まってる人がそれやっちゃうと信号がいつまでたっても青になってくれないんです。

そうするとこういうことになります。

IMG_3618_800.jpg

自転車の左側の歩行者信号:

自転車の右側の車用信号:

そして真ん中の自転車用信号:


普通に左側に歩行者が歩いていて自転車直進できない理由がないだけに大半のサイクリストはこの状態では行きます。

このすぐ先の信号は以前何度話題に出したピアモントブリッジの入り口なんだけどここも同じようになってます。

IMG_3619_800.jpg

これ今朝撮った写真だけど、前にいたオレンジのジャケット来たおばちゃんはセンサーの存在を知らなかったのか、別に気にもしないのかわからないけど普通に左に寄せて止まってて、歩行者と車の信号が青になったら自転車のやつは赤にもかかわらず普通に渡ってた。これ警察いたら捕まって罰金取られます。それが嫌だから自分はとりあえず待ったけど。


でもこのセンサーの仕組み、誰か前に止まってくれればいいけどもし誰もいなくて信号に向かって走ってるときに歩行者と車が青に変わって自転車だけ赤だったら普通行きたくなると思う。じゃないとCity内1km移動するにもすぐ信号で引っかかってものすごい待たされてめっちゃ時間かかります。だから多くのサイクリストは無視するかもしくは自転車専用道使わずに車のほう走ったり。




シドニーもサイクリストのためにいろいろやってくれていますがまだまだ改善の余地はありそうですね。とりあえずこんな菱形の線じゃなくてここにセンサーあるぞって書いてくれって思いますね。

ちなみにこういう磁気センサー車用の信号に使われている交差点もあります。自転車に乗ってる自分が信号待ちの先頭にいてぜんぜん信号青にならなくておかしいと思ったら後ろにいた車にセンサーあるからどけって叫ばれた経験有です。でっかくどっかにセンサーあるからチャリ止まるなとか書いてくれないとそんなのわかんないでしょ。チャリ車道走れって行っておきながらねぇ。


まあこういう話題がオンライン新聞の記事になり討論されるようになってきてるということは着実にチャリ通が普及し始めてるということかもしれないですね。

こちらは明日から3連休です。久々にチャリサークルのライドも行う予定。頼むから天気もってほしいです。


今ちょっと気になってるアイテム。これどうなんですかね。








にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。