FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 自転車 > 安全・怪我

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Have you been doored?

これ訳せますか?

一瞬で文の意味がひらめいた方は立派な自転車乗りと自負してもいいかもしれません。

中学のときに習いましたね。受動態です。動詞が~される見たいな感じになります。

そして現在完了も含まれています。継続、経験、完了、結果。やりましたね。この場合は経験でしょうか。

ということでHave you been doored?を訳してみると

あなたはドアられたことがこれまでにありますか?

となります。

なんとなく雰囲気出てますがもうすこし分かりやすく訳すと

(自転車で走ってていきなり路駐の車に)ドア開けられてぶつけられた経験があるか?

といった感じでしょうか。been dooredが文法的に正しいかどうかとかはこの際どうでもいいでしょう。

MOR-cycle-wide.jpg

 
 
どうでもいい前置きが長くなりました。

自分の住んでるシドニーはどうだか分かりませんがオーストラリア第2の都市メルボルンでは年間平均して約100人の自転車乗りが路上駐車にドアをいきなり開けられて怪我を負っている(死者もでているかも)という統計があるようです。

まあこんなことわざわざ自分に言われなくても自転車乗りの方たちはすでにこのような事故が多いことはご存知でしょう。

ただこういった事ってついつい忘れがちだったりもするんでたまたまオンライン新聞に記事が出てたので読んでいただいている皆さんそして自分自身のためも含めてリマインダーにでもなればということで。


法律ではドアを開けたほうに非がある。ただ自転車の弁償とかだけですめばいいけど、ぶつかって右側に投げ出されて後ろから来た車に、なんてことにも普通にありえるだけに自分は悪くないから気をつけなくていいというわけには絶対行きません。


かといってあんまり道路の内側に入っていくと後ろを走ってる車たちの邪魔になりクラクションならされたりしちゃうため、ついつい路上駐車のすぐ横を走ってしまうライダーも多いのでは。

ドアで飛ばされて車に引かれるよりクラクション鳴らされたほうがぜんぜん良いでしょう。




お互い迷惑をかけないなのがベストだからなるべくそういう道は避けて走るに越したことはないけど、しかたなく走らないといけない場合は堂々といく、もしくはいったん停車して空くのを待ちましょう。




この4人のうち何人ツール走れるんでしょうか?全員だったら最高ですね。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。