FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: 自転車 > メンテナンス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

不快な音解消の巻 Felt820号

自分は基本的に大雑把で適当な人間だと思うが、たまにいや実は神経質なのではとおもうこともある。

そう思わされる理由のひとつとして異音が非常に嫌いである。車でもどこからか今まで出なかった音が出てくるとやたら気になるし、最近乗り始めた自転車でもチェーンがこすれたり、ブレーキシューがタイヤにあたって音が出ると結構不愉快になる。こういった異音を気にしない人とか、そのうち慣れてしまう人はうらやましいが自分は基本的にだめだ。Giantwomanの歯軋りもだいぶ慣れはしたものの未だにつらい。





この異音嫌いが未だに820号に対してそこまで愛着がわかなかった理由だったかもしれない。ご存知のとおり820号は中古車として購入したものでまだ新しいとは言うものの新車みたいにすべてのコンディションが完璧ではなかった。先日はフロントのシフターケーブルの交換が必要だったし、一番気になっていたのが前輪のディスク周辺から聞こえる金属がすれたような非常に不快な音。極端に言ってみれば常につめで黒板を引っかいたような音を聞きながら走らなければいけない。不快以外何者でもない。

以前、これを直してみようと前輪を外し、マウンテンバイクのブレーキってどうなってるんだろうとブレーキのところをのぞいてみた。820号はディスクブレーキなので車のように両サイドにパッドがありその間を通る車輪に固定されたディスクを締め付けることでブレーキがかかる仕組みになっている。へえ、と思いながら何も考えずブレーキレバーを握ると両サイドのパッドがくっついたまま戻らない。これはNGだったらしい。。。きいてないよーー。。

もうこの時点で820号あまり好きじゃない。とりあえずマイナスドライバーで両サイドにひろげたが、以前よりもパッド間の隙間が狭くなったのかさらにパッドとディスクの干渉音がでかくなった。中に浮かした状態でタイヤを回しても2,3回転したら止まってしまう。GiantwomanのGTで同じことをやってみるとほとんど音も立てずいつまでもくるくると回っている。

当然干渉してしまっている以上抵抗もあり、もしかしたら漕ぎにも影響が出るかもしれないがまあ前輪だし、クロスバイクみたいに常に漕ぎ続けるというよりはたまに上り坂や平坦なところでちょっと漕ぐぐらいのマウンテンバイク。せっかくギア直したのに余計なことして今週末の旅行前に壊しても大事だ。

夕食を終え、特に用もないのにガレージワークショップに行ってみる。なんか落ち着く。そして気がついたら820号の前輪を外していた。やっぱり我慢できない。

IMG_0007.jpg

IMG_0005.jpg

写真では見づらいが本当にパッドとディスクの隙間は小さい。ほんのちょっとディスクがゆがんだりしていただけでもすぐにぶつかってしまうだろう。

とりえあず以前くっつけすぎてしまったパッド間の距離を広げ直そう。ということでこの何か買ったときに付属で着いてきたドライバーの先っちょの部分をパッドの間に押し込み隙間を広げた状態でブレーキレバーをぎゅっと握る。どっかのサイトでそうすれば直る的なことが書いてあったのでとりあえずやってみた。

IMG_0012.jpg

その後ドライバーを抜いてみるが隙間が広がったかどうかまったくわからない。とりえあず前輪を付け直して手で回してみる。

シャリシャリシャリ。

やっぱりだめか。オレはもうあらフォーのおっさんだ。駄々こねるやつはどんなにかわいくても面倒だ。ぶっちゃけもう前回のギア調整で十分振り回された。


とは言いつつも高い金だして買ったやつだ。よし、もうひとつだけチャレンジ。

これもどこかのサイトでみたのだが、どうやらこのパッドが入っている名称はわからないが黒いやつのねじを調整することによってパッドの角度を変えディスクとの干渉をなくせるみたいな事が書いてあった。ということでまた2つのネジを緩め、タイヤを手で回しながらこの部品をわずかに横、斜めにずらしながら干渉しないポイントを探すという非常に地味かつ根気のいる作業が始まる。

IMG_0010.jpg

ほんのちょっとでもずらすとかなりこすれたり、ちょっとあたりが減ったりと本当に繊細だ。もしかしてこれやってること自体間違えなのでは、そう思いながら無意識にコンマ1ミリずつ指を動かしていると音がやんだ。タイヤがずっと回ってる。

キタァァーーーー


やっと落ちたか。苦労したぜ。まあこのデュークFeltmanの手にかかればどんなじゃじゃ馬も。。ふふふ。。そんなことを思いながらネジを締めた瞬間、明らかにこの黒いやつがずれたのが見えた。

手でタイヤを回してみる。



シャリシャリシャリ。。。

a04ccc5c.jpg

いちど家に戻りワインを飲み呼吸を整える。いかん。落ち着け。そう言い聞かせながらガレージに戻る。


やはり俺の身体はアルコールが潤滑油となるらしい。あれだけ苦戦した微調整(2つのネジを締めるたびに角度がずれるので正直無理だと思っていた)が5分もかからずピンポイント!おおー。まわりつづけるぜ!静かだ!ブレーキレバーを握った。ピタッ。

img_893900_27093148_1.jpg


次はGiantwomanの歯軋りかな。歯磨き粉にグリス混ぜたら歯と歯がすべって音なくなるかも。オレ天才かもしれない。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。