FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: 自転車 > 通勤

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

殴られたサイクリスト、君は仏かそれともただのアホか?

今朝またサイクリストねたの記事がThe Sydney Morning Heraldという新聞のオンライン版に掲載されていた。

cycle729-420x0.jpg

どうやらこの助手席のやつがサイクリストを殴ったようだ。

場所はシドニーのCITYから5KMくらい離れたところかな、NEWTOWNという街で事件は発生したらしい。

文面からだときっと3車線の道だろう。あるサイクリストは左斜線は路上駐車が多かったので真ん中斜線を走っていた。3車線あるということはそれなりに大通り、混んでなければ車たちもそれなりのスピードで走ってるに違いない。

法律上サイクリストが中央車線を走るのは何も問題ない。ただこの後ろを走っていた連中が前の自転車が遅いのでイライラしてクラクション鳴らしたりやじったりし始めたらしい。

そして仕舞いには電池を投げつけ、更には車から降りてサイクリストを殴ったようだ。

この写真はサイクリスト自身が撮ったやつのようだ。いつ撮ったかは不明だがきっと殴られる前だったのかな。


殴られたサイクリストは警察にも通報し、さらにはSydney Cyclistというサイトの掲示板にもこの写真と殴られたということを投稿した。警察自体は顔も見えないしナンバープレートも隠されてるし、まあ殴られたサイクリストも大怪我ってわけでもないんだろうし、写真に映った連中を探そうとはしないらしい。

しかしインターネットの情報の伝達力はすごく、一気に彼の投稿が広まりテレビ局からもインタビューの以来があったという。

でも何でちゃんと顔撮らなかったかなぁ。。


それでもってこのサイクリストのコメント。

「彼らとはぜひ会ってビールをおごりたい。訴えるつもりはないよ。そして1週間くらいチャリかして彼らに自転車乗ってほしい。きっと気に入るはずさ!」

胡散臭い訳になってしまったがたぶんこんな感じのニュアンスだろう。


なんて心が広い人間なんだ。やじられて電池投げつけられて仕舞いには殴られて、しかもこんなふざけたダンボールのナンバープレートつけてるようなやつらにビールおごりたいなんて。

自分の心が狭いだけなんだろうか。正直こいつアホかと思った。自転車名人でもそこまでお人よしじゃないんじゃないか?

っていうか捕まるべきだろ、この殴ったやつは。立派な傷害罪じゃないか。


そういえば最近ちょっとした悩みがあるんです。シドニーで自転車仲間募集してるんだけど自転車持ってないけど参加したいって問い合わせがちょくちょくあるんですよね。貸せるやつがあればそれ乗ってもらうけどいつもあるわけじゃない。


この記事を読んだ時、自分の中に潜むデビル君が耳元で俺につぶやく。

このサイクリスト殴ったらチャリ貸してもらえるぞ。しかもビールまでおごってもらえちゃう!


や、やべえ。連日の坂バカチャレンジのおかげでちょっと何かが狂い掛けてるかもしれない。。

現在目標の40%到達。先はまだまだ長いぞ。ちょっと今週天気悪そうだしペース落とすか。もうかなりガス欠状態だ。今殴られても猫パンチすら返す力がない。

1311782260-35.jpg
マナー違反の客は殴られて当然。


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。