FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

Category: 自転車 > 通勤

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

サイクリスト取締り強化@Pyrmont Bridge

Sydney Morning Heraldという新聞のウェブ版にこんな記事が出てました。

以前あほなツーキニストTOP5でも紹介したPyrmont Bridge。この前も書いたけどピーク時には歩行者と自転車がもうゴッチャゴッチャ。そんな中忍者にでもなった気分なのかガンガン人と人の隙間を通り抜けていくライダーも少なくない。見てるほうが怖い。一応制限速度も10km/hと設定されている。自分もジテ通を始めたころはこのブリッジを走っていたが今は別のルートでブリッジの端まで行くようにしてる。急がば回れってやつだ。

booked729-420x0.jpg
自分いつも後ろに見える道走ってます。



警察も俺のブログ読んでついに重い腰動かしたのかな?


今朝、このブリッジ上だけでノーヘル15人、信号無視14人捕まったようだ。

罰金$59(5000円弱)。
たったの2時間で15万円。

どんどんこういう連中は捕まえて、その罰金で自転車と歩行者お互いにとってよい環境をどんどん作っていってほしい。


この記事によるとスピード違反という項目で自転車を罰することはできないようだ。代わりに危険走行みたいな形で捕まえられるみたいだけど。まだあいまいなのかな、この辺は。

cycle2729-420x0.jpg

Hawk_Bicycle_Launch.jpg

どんどん暴走ライダーたち捕まえちゃってくれ。


今の時点でこの記事に対して250件以上のコメントが書かれている。自転車と歩行者、自転車と自動車、お互い責め合って罪を擦り付け合う。そんなコメントばっかり。今回の警察の取締りが多少なりともカンフル剤になってくれることを願おう。


本日の一曲



にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

やはりキチンと交通ルールをサイクリスト達も守らないといつまでたっても市民権は得られませんよね。スピード違反に関しては下りは気をつけないと超えてますね・・・。スクールゾーンはちゃんと40kph以内に収めてますけど。
そうですよねぇ。まあ今回捕まった人たちも割合から言えばごく少数なんでしょうけど。自転車だけじゃなくて走って信号無視した人たちも捕まえて罰金とってくれよとか普段自転車乗る側からすると思ってしまいました。
日本で同じ条件で取り締まったら相当な人数やられるでしょうね。

やっぱりヘルメットかぶっていないでロードを乗っている人を見るとゾッとします。
ライトの点灯を取り締まっている警察官もリアライトは全く付けて無いからちょっと笑えますし。
車を運転していて、やっぱり道が狭いので飛び出してくる自転車が多くて怖いです。
事故には十分気をつけたいですね。
確かにこの前一時帰国したときも運転してたらあっちこっちから自転車出てきて怖かった記憶があるね。中国かと思った。だんだんなれてきちゃうんですけどね。そっちも警察のチャリにカマ彫らないように気をつけて。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。