FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 自転車 > 通勤

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

あほなツーキニストTOP5

つい先日の投稿で自転車に乗っていると車から無意味に叫んできたり中指立ててきたり、中には幅寄せとかしてくる馬鹿な連中がいると紹介しました。幅寄せといえば昔首都高でオートバイに乗っていたときにトラックとトラックの間を抜けようとしたとき完全に故意に寄せられ本気で恐ろしい思いをした記憶もあります。まあ日本じゃ本来やっちゃいけないんだろうけど普通にバイク乗りはやってるんですよね。特にバイク便の人たちは半端ない。バイクもバイクだけどトラックもトラック。今思えばどっちも馬鹿。

なんか自分だけ弱者ぶって他人を悪者にして、じゃあお前らはどうなんだ?なんて声が聞こえてきそうです。

いますよ、チャリ乗ってる人たちにもあほたくさん。

まだチャリ通暦1年も経っていませんが、これまで見てきたあほツーキニストTOP5をご紹介

img_1464377_39374832_0.jpg



第5位

人がたくさん歩いているところでやたら飛ばすライダー


pyrmontbridge001.jpg

この写真は以前は帰り道に使っていたPyrmont Bridge。ピーク時は通行人もかなり多く自転車たちはその合間を縫って走ることになる。たまにいます、すげー飛ばしてるやつとか、叫びながら通行人どかすライダー。逆にこの橋に差し掛かるや否やめっちゃスピードを落とし安全に走るマナーのあるライダーは非常にかっこよく見えます。ちなみにこの矢印はもともとあったやつでここでは何の意味もありません。


第4位

ノーヘル、ノーライト ライダー

cristianoronaldo.jpg

自分自身先日ノーヘルで走り自分の馬鹿さ加減を再認識しただいま反省中ですが、たくさんいます。特にノーヘル。
なんで自分の若いころの写真がネットにと一瞬思いましたがクリスチャン・ロナウドでした。



第3位

信号待ちでバランス崩してこけるライダー

cycleway02.jpg

よくいますね、この写真の後ろの人みたいに信号待ちのときに足つかないでバランスとってるライダー。自分は練習したこともないので当然できません。普通に見てておースゲーってちょっとはなります。真横でやられるとこっち倒れてくるなよ、って思うときもあります。ちょっとバランスを崩してこっちが邪魔みたいな目で見られると押したろかと思うこともあります。いままで1人だけ思いっきりこけたやつ見ました。迷惑度的にはたいしたことないけどお馬鹿ちゃん度が高いので第3位。


第2位

遅いのに信号待ちで先頭に割り込んでくるKYライダー

kentbike.jpg

ジテ通において速い=えらいという式は成り立ちません。ただ高速道路で速く走りたいほうが右側を走り、ゆっくり走りたければ一番左を走るみたいな感じで、信号待ちでも早く走りたそうな人が後ろにいたりすると先に行かせたりとかなんてことはよくあります。

シドニーの中心部では上の写真に乗ってるような自転車専用道が走ってますが、見てわかるとおり片側一車線。もともと前を走っているペース遅めのライダーがいてもイライラする人はそんなにいないと思う。やだったら車道走ればいい。ただ信号待ちでわざわざ右側の対向車線を走ってきて先頭に出ちゃうMTBルックとか乗っちゃってるKYも意外といるんです。これはちょっとNGだと思うなぁ。後ろつっかえさせない位速く走れる自信があるならまあいいのかもしれないけど。


第1位

一度抜かすと対抗意識燃やしてか、そのあと背後にぴったりついてくるライダー

img_5952.jpg

個人的には彼らが一番ウザイ。登り坂とかでも自分よりちょっと遅いくらいの人が前にいたらそのまま後ろを走るが、すぐに抜かせそうだと思う場合はあえて自分のスピードを落としてずっとその人の後ろを走るということはあまりしない。やっぱり抜かしちゃう。自分は通勤はクロスバイクだがたまにはロードバイクを追い越すこともある。別にお互い全力で走ってそういうことが起きてるのではなく、ロードの人が30%本気、自分が80%本気で走っていればそういうこともたまには起こる。

そういった場合にクロスバイクに抜かれたことが屈辱なのかわからないが、下りに入ったとたんスゲー勢いで追っかけてくる輩がちょくちょくいる。そのまま抜き去って前をどんどんいってくれれば何の問題もないのだが、またその次の登りで追いついちゃったりするとなんか面倒くさい。

もっといやなのはずーと真後ろピッタリ着いてくる人。わかりますよ、もしおれがフルレースギアできめててスゲー速そうなロードバイク乗ってて体脂肪一桁の速そうなライダーにでも見えるんだったらあおってくる気持ちも。スープラ乗ってる人がポルシェみてあおりたくなっちゃうみたいな感じは。

でも俺はそうじゃないでしょ。黄色い蛍光ベスト着て背中にメッセンジャーバックしょった、クロスバイク乗ってるメタボライダー。いちいちカローラにちょっと抜かれたからってむきになってあおんないでくれよ、ほんとに。まあそうやって来る人のほとんどもメタボ体系ですね。我々に必要なのは呼吸を整えなるべく一定に保つように走る有酸素運動です。


誤解しないでくださいねぇ。もちろんみんながみんなこうじゃありませんよ。少数です。基本ツーキニストたちはすれ違ったり、信号待ちでは笑顔、誰かパンクとかメカトラブルしてる人見かけたら声かけるしスポーツとして自転車に乗ってる人が多いだけにマナーもしっかりしている人が多いです。


今週末の天気はどうだろう。MTB久しぶりにいければいいんだけど。

TDUも残すところあと3日。

はやくみたいなぁGreenEDGEのゴールでの万歳姿。


本日の一曲

Billinger & Marsman feat Jasper Vergeer - Tommorow (残念ながら映像なし、これがちゃんとしたオリジナルの曲かもわからず。)




にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

こんにちは。
腹立てて追いかけるで思い出しましたけど、ウチのチームリーダーは結構短気でして、2年前のXmasライドでメットの上にXmasの帽子、口と顎にサンタの付け髭をつけて走ってたらグループの横すれすれをクラクション鳴らしながら通過した車に腹立てて、全開スプリント。一緒にサンタとトナカイスプリンター3人くらいも全開で追いかけ信号で囲んでFワードも全開。膝でガンガン車蹴ってるところで集団も追いつき結局40人位に囲まれてドライバー半泣き事件がありました。私は面白くて爆笑してたら後ろの女の子が「Xmasなんだからmerry Xmasって笑って言っとけばいいのにね、あのサンタ」とボソッと言ってたのを思い出しました。いやードライバーもきをつけないと危ないスw
はは、うけますね。想像しただけでやですねぇ40人のライダーに信号で囲まれちゃうなんて。まったく同情の余地ありませんけどね、そのドライバーには。みていた小さい子供たちはサンタは悪人と勘違いしてなければいいですが。。

中指とかおちょくったこと叫ばれるくらいならまだいいにしても故意の幅寄せはこっちにとってはかなり危険ですからね。下手したらあのツールのかわいそうな選手みたいか、最悪それ以上なんてこともありえますから。それされたら自分もちょっと冷静でいられる自信ないですねぇ。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。