FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 自転車 > イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

別府・新城選手無念、宮澤選手健闘

昨晩11時10分、テレビで自転車ロード世界選手権が放送された。

10分前からベッドに入りスタンバイ。チャンネルを合わせ番組が始まるまではiPhoneの麻雀刑事で時間をつぶす。


はじまった!

でももう残り30キロって言ってるぞ。相当後半からの放送らしい。まあでも266kmを5時間とかかけて走るレース。仕方ないか。

日本人選手どうなってるかなぁ?

beppu.jpg



まったく、わからない。放送が始まった時点で一人フランスの選手が集団を抜け出していたが、その後ろに何十人と言う集団が追いかけるような形でまったく日本人選手がどこにいるかわからない。途中の経過で50位くらいに宮澤選手の名前が出てきたが残り2選手の名前は見当たらなかった

あれーー、もうリタイアしてしまったのかなぁ。。素人の自分は3人ゴール直前まで一緒に走ると想像いただけに予想外の展開。

その後フランス人選手は集団に飲み込まれ、別の3人の選手が抜け出した。そのうちの一人はツールドフランスで最後の方まで黄色ジャージを着ていたガッツマンだ。そしてその後しばらくするとなんとツールドフランスで車に吹っ飛ばされてしまった選手も抜け出してきた。おおっ、元気じゃないか。よかった。見てる方もかなり興奮してきたぞ!

その彼らも最終ラップの途中で集団に飲み込まれる。そしてオーストラリアチームが集団を引っ張り出した。おおっすげー。そのまま何十人かの集団のまま最終コーナーを曲がる。上からの映像で宮澤選手が見えた気がしたぞ。いけぇーー。

art-cycling1-420x0.jpg

266km走ってホント鼻差。最後の500mはホント競馬状態。でも大本命がしっかり勝つ。すごい世界だ。オーストラリアの選手惜しかったなぁ。いろんな駆け引きとか戦術をわかればわかるほど見ていて楽しくなるんでしょうね、このスポーツは。

宮澤選手は先頭とタイム差なしの30位だった模様。これは自分から見ればものすごい大健闘だったのではと思うが、実際選手本人はどうだったのでしょうかね。満足だったのか、それとも悔しい結果だったのか。スポニチですらほとんど取り上げていないのでそのうち彼本人自身のブログでもみてチェックしたいところです。

MIYAZAWA TAKASHI OFFICIAL BLOG - BRAVO


別府・新城選手は落車に巻き込まれてしまっていたようだ。自転車レースには付き物なのかもしれないが年に一度の大イベントだけにきっと悔しい思いをしたことだろう。

ちなみに今日は土日の雨がうそのように良い天気であったが、打ちっぱなしで痛めたのか、左足の膝下部分の側面が結構痛くジテ通は我慢。どんだけ身体しょぼいんだ。。今週土曜日は久々に仲間みんなで走る予定のためぜひそれまでに治したいところである。


本日の一曲

Bon Jovi - Keep the Faith





↓クリックしていただけるとモチベーション上がります。
にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ    にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ









にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。