FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: 自転車 > 通勤

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

幻のMTBオヤジ

昨日の帰りはかなり風が強かった。昨日はイゾ号で出勤。車体が軽いせいもあるのだろうか、ふつうに自転車が横に流されるので車道の左を走っていても軽く怖い。

仕事場を出てしばらくしたところの交差点で別の方向から来るジテ通集団といつも交わるところがある。
今日はいつもより人が多いようだ。15台くらいかな。ロードバイクも数台いる。この先大体距離にして2キロくらいはこのうち数台と一緒方面。別に彼らと競うつもりはさらさらないがなんか一緒に走ってる感じがしてちょっとわくわくする。

090116b.jpg




1km弱ほど平地を併走したあとAnzac Bridgeの歩・チャリ道の入り口がある。

spiralramp.jpg

このグネグネを上りきって車道の横を走ることになる。このグネグネでの追い越しは見てのとおり対向車線からチャリが下ってくることもあるので危険。ということで大体この入り口に着く前に速い人はほかの人の前にでる。

この日はこの上に昇りきった瞬間にものすごい風が正面から吹きかけられた。これはすごい。本当に進まない。前には2台のロードバイクがいたが彼らも当然風を浴びてスピードは出せない。真正面というわけでなく斜め左から風を受けていたため右の対向車線に自転車が持っていかれてそれも怖い。




と、そのとき後方から明かりが照らされ自分の視界が明るくなった。普段よりもスピードはかなり遅いが、普段よりまじ漕ぎしていただけにちょっとショック。そして自分が右から抜かれるのがわかった。とりあえず風に流されてぶつかったりするのは避けなければ。

そう思いながらちょっと横をちら見すると、なんとマウンテンバイクを漕いだZZ TOP風ロン毛オヤジ


ま、まじかよ。。


そのオヤジは自分を一瞬にして抜き去ると前のロードバイク2台もごぼう抜き。


彼の足を見た。そんなに速く漕いでいるわけではまったくない。ものすごい重いギアであのケイデンスだとあのスピードが出たのだろうか。ちなみにそれまで先頭を走っていたロードバイクのりは、上下本気モードの服装にしかも信号待ちでは足をつかづにバランスをとり注目を浴びていたたぶんかなりのライダー(あれができる=はやいというわけではないだろうが)。


風が強くその音もすごかった。果たしてあのオヤジのチャリにエンジンがついていたのかが今すごく気になる。

カンチェラーラ並の足エンジンだったのか、それともポケバイのまじエンジンを積んだチャリだったのか。


いまはTREK教授より彼に遭遇したい。帰宅時の楽しみがひとつ増えた。


本日の一曲

ZZ TOP - Crossroad




↓クリックしていただけるとモチベーション上がります。
にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ    にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ










にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

こんばんは。
エンジンついてるっぽいですね。

ウチのチームには、エンジンなしで
MTB(まあけっこういいやつですけど)で
Fastグループに最後までついてくる変態ヤローが
いました。最近見ませんが。鬼ですね。
SATOさんこんにちは。
昨日、今日とZZTOPオヤジには遭遇できませんでした。自分もあれは冷静に考えてもエンジン付いていたんだと思います。

その鬼がロードバイク乗ったらすごそうですね。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。