FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: 自転車 > ポタリング

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Giantwomanと2人ポタ Rhodes-Parramatta (&悪臭無インプレ)

最近は週末ほぼMTBばかり。自分は通勤で30号(最後に乗ったのいつだろう。。)、75号に乗っているからまだ良いが、GiantwomanのCrossCityは埃がかぶりかかっている。当然本人もそれに気が付いており、日曜日は天気がよければちょっと長めの距離ポタリングしようと提案されていた。

予定していたコースはRhodes-Parramatta(20km)-Windsor(30km)という往復100kmコース。そんなに走れるのか?と聞くと挑戦したいと言う。しかし家からRhodesまで(5km)は帰り上り坂があるから車でいきたいようだ。まあ車道を走るのが怖いと言うことにしておこう。

IMG_0780.jpg

ひさしぶりの2人でのポタリング楽しみとはもちろんだが、Aksiumの事で頭がいっぱいであった。。

いざ出発!




車で走ること約10分、目的地Rhodesに到着。時間は午前11時ごろ。ちょっと100km走るには出発遅かったかな。
ここからOlympic ParkそしてそのままParramatta River沿いをサイクリングロードが続く。我々は実際Parramattaまでは行ったことがなかった。もちろんその先のWindsorは未知の世界。

2台のバイクをラックから下ろす。ヘルメットをかぶり、手袋をはめ、リックを背負っていざ出発。

さてさてAksiumどんなもんかな?

101_0484_512.jpg



あれ、なんか変速がおかしいなぁ。昨日ばっちし決めたはずだったが。しかもカタカタと今まで聞いた事のない音がする。



ちょっと走りながら変速を繰り返す。絶対おかしい。ちょっとGiantwomanに一度車まで戻らせてもらうように頼む。ラックに乗せると調整がしやすいからだ。

やっぱり変だ。リアが一番軽いギアにどうやっても入らない。左手でクランクを回し右手でシフトを上げ下げしながらまあどうせ平らな道だし一番軽いギアなくても良いかななんて思ってはいたが、ただあの音は気になる。そうおもいながら左手をクルクル回していると


あら?いまカセット動いたぞ
。後輪の回転を止め、カセットを触ってみる。


グラグラしてる。。


これはだめだ。この状態じゃ絶対走れない。


Giantwomanは悲しそうな顔をしている。。申し訳ないが一度家に帰る必要があることを伝える。


家に着くや否やGiantwomanは自分は別のバイクを持ってすぐに出てくると思っていたらしい。


すまん、それはできない。。Aksium試したい。もう俺は誰にも止められない

ということで速攻後輪を外す。カセット外しのツールでちゃんとしまっているか確認するともうこれ以上しまらないくらい硬かった。


スペーサー足りないのか?



もともとAksiumにはスペーサーがついてきていた。取りに行ったとき売ってくれたにーちゃんがこれ必要だからなくすなよとわざわざ念をおしてくれたため、こいつが大事なものと言うのは知っていた。元々付いていたホイールのハブの部分にも同じようなものが付いていたのでそれはそのまま残し、Aksiumについていたものだけを取り付けた。でもまだ動いちゃうって事は両方必要だったのかな?とりあえずカセットを外し、もうひとつのスペーサーも付けてみた。そしてカセットを固定すると今度は動かない。これでOKなのかな?しかしスペーサーが一枚増えた分カセットはハブよりちょっと外側に動いてしまったのかもしれない。ということで急いでリアディレーラーの調整をする。なんかバッチシではなかったがとりあえずいいだろう。


(追記:チャリポタ学習帳というクリオさん(FELT乗ってますね)という方のブログでこんな記事を見つけました。75号の場合変速不安定とかそういうレベルではなかったですが、とりあえずスペーサー2枚付けでOKそうだ。)



Giantwomanに準備ができたことを伝え再びRhodesへ出直し。12時過ぎに到着。もう100kmコースは無理だろう。。

とりあえず普通に走れることを祈る。

IMG_0785.jpg

IMG_0789.jpg

101_0487.jpg

IMG_0782.jpg


とりあえず変な音は消え、変速もできてる。

Aksiumどうかな。なんか漕ぎ出しスムーズになった気はする。ただ平坦な道をのんびり走っててもそこまでわからないかな。
相変わらずOlympic Park内のサイクリングロードは走っていて気持ちが良い。


↓ ここからは初めてのルート。

結局Parramattaまでたどり着いた後Parramatta-Windsorをつなぐ30kmほどのサイクリングロードのちょっと走ったところで引き返すことにした。道もわかったしこの続きは次回と言うことで。

IMG_0815.jpg

IMG_0793.jpg

IMG_0797.jpg

IMG_0799.jpg

IMG_0802.jpg

IMG_0807.jpg

IMG_0814.jpg

IMG_0818.jpg

スタート・ゴール前のRhodesにあるIKEA


IMG_0819.jpg

家についた後自ら自転車を洗うといってきたGiantwoman。すばらしい心構えだ。

Parramatta River沿いのサイクリングコースマップ

Parramatta - Windsorのサイクリングマップ

肝心のAksiumの感想だが、たしかに漕ぎ出しが軽くなり、加速の伸びもこれまで以上に出たように感じだ。しかし今日走ったのはかなりきれいに舗装されたサイクリングロードがメイン。ちょっと今日の走行だけではよくなったという確信は持てなかった。


ということで当然今日は75号で出勤。お、なんか良い感じかもしれないぞ。明らかに今までとは違う。ただやっぱりイゾアールほど快適さはないかな。手の親指と人差し指の間の部分も痛くなってきた。最初つけたときはポジション決まったと思っていたハンドルもイゾアールより幅が狭いためなんか狭く感じるようにもなっている。たぶんサドルのクオリティーも違うのかもしれない。ケツもちょっと痛いかな。ただその辺は元々そうだったわけだ。

IMG_0821.jpg

なんかウィリーさんにとってもらった写真と違って地味に見えるなぁ。。

そして帰り道。イゾアールのときもそうだったが、行きより帰りの方がマシーンの性能を感じることができる。ルートも違うし、寝起きで日光の下走るよりも、仕事も終わり気分的にも楽でしかも太陽光線を浴びることもない夜の方が体調が良いからだろうか。

Cityを抜けるとすぐに500メートルくらいの直線がある。

あ、やっぱりちがう。大げさに言うと違うチャリになってる。

前のやつはタイヤがしょぼすぎたのか、今のタイヤがすごくいいのか、もう元のホイールは古くてハブのベアリングがだめになっていたのか(すげー知ったか)、それとも純粋に性能の差なのか。。全部かな。

そのあと信号で10台くらいの自転車と合流。信号が青になると同時に2台のロードバイクがすごい勢いで走っていった。しばらく追いかけてみる。はえー、君らいつもそんな感じで走ってるのかい?たぶん一人は違ったようだ。上り坂で一気に速度が落ちた。もうひとりは歩行者にさえぎられてしまったこともありもうダイブ前に行ってしまった。ふっ、命拾いしたなと言ってやりたいところだったが自分もちょっとありえないオーバーペースで気持ち悪くなってしまった。足もすでにパンパン。ということで残りの道のりは思ったように走れなかったが、でもロードバイク2台追いかけてたときのちょいのぼりの加速はいままでの75号にはないものだった。でもやっぱり3,4年前の中古車って言う感じが乗っててするのもイゾアールを乗った後だけに感じてしまうのも否めない。ただフレームの重さ、素材が違うからそう感じるのかもしれないが。パースのSATOさんのアドバイスもドンピシャだったですね。もっと良いのほしいかも。。


そして気になる消臭効果だがまったくだめ。ってもういいか。



話は全然変わるが、昨日Giantwomanの親友夫婦がオープンしたパン屋さんに行ってきた。わざわざ日本から職人も連れてきたみたいです。いくつか頂いてきました。背中にしょって持って帰って来いという指令があったのでできたてを食べることはできなかったが明日の朝食頂くことにしよう。

IMG_0822.jpg


IMG_0828.jpg


しかし毎日毎日よくもこんな長々と書くなぁ、と自分でも関心半分、呆れ半分。


ではこの辺で今日の1曲

Aerosmith - Livin' On The Edge





↓クリックしていただけるとモチベーション上がります。
にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ    にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ








にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Feltmanさんがこんにちは。
チェーンがフレームに当たったり
大きなトラブルになる前に
スペーサーに気がついて
良かったですね。

高い自転車は初心者には
勿体無いという人がいますが
僕はそうは思いません。

安かろうと高かろうと
せっかく買ったのに続かないのが
一番勿体無い。

高い自転車は軽くて
乗り易い。スピードも出る。
速い人との差を少しだけ
補ってくれる。

簡単に速く走れるから
楽しい。楽しいから続けられる、
と思うんです。

速い人はどんな自転車だって
ある程度は早く走れるんですから。

別に何も誘ってませんよ。
ただ思った事を書いてるだけです。

でも、古くて安い自転車で
1万ドルの自転車を
ぶっちぎってくのが
一番楽しいんですけどねw

SATOさんこんにちは。

すべての文、自分も同意見です。ゴルフで100切れない人が1本10万円のドライバー使ってても本人が気持ちよく打ててれば他の人がどう思うがぜんぜんいいわけですし、安物使ったら飛距離も正確さも更に落ちる可能性高いわけですしね。自転車でも同じことですよね。

自分もクロスバイクで通勤のときに坂道でロードバイク抜いたりすると気分いいですね。勝手に一人でむきになってるだけで、当然そんなめったにあることではないですけど。あったとしてもご年配ライダーだったりとか。。

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。