FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 自転車 > ポタリング

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

己との戦い 75号で一人ポタリング

力士をはじめよくアスリートたちのインタビューで次戦の抱負はという質問に対して「相手は自分だ」、「己に勝つだけです」といった答えをよく聞く。

特に力士は一場所2週間勝つたびに次の相手の力士にはまったく触れず毎回同じ事しか言わないのでそれしかいえないのかと思ってしまうが、野球のイチローを含めたのスポーツのトップ選手も同じ事をよく言う。個人的にはボクシングのように対戦相手をけなしまくったりするよりよほどスポーツマンシップ、そして美学を感じるし、かれらは実際そう思っているのだろう。


24757301_o1.jpg



自転車を買ってもう4ヶ月近く経とうとしている。以前も触れたが第一の目的は運動不足解消(=メタボ解消&ダイエット)、そして週末は景色の良いところでポタリングをし、オーストラリアの自然を楽しむ。すばらしいじゃないか。実際禁煙も未だに続いている。

最初の2ヶ月ほどは順調だった。しかし、正直最近チャリ通がだるい。体力もついてきてチャリ通も楽になるだろうとは思ってたが、やっぱり坂は未だにつらいしかなり疲れる。禁煙のせいで食欲が増え、アルコールも増えたせいもあるかもしれないが体重も減ってない。

あれだけ嫌いだったバス通勤だが、雨が降ったときにバスで通うと本当に楽に感じる。曇りのち雨みたいな予報があると迷わずバスに乗ってる自分がいる。バスと言うもうひとつの選択肢があるだけに完全に心に甘えが出てきている。

そのせいもあってか最近はMTBが楽しい。MTBも疲れるがすがすがしい疲れ方だ。


このままではまずいと思っていたときにツールドフランスがはじまった。今まではテレビでやっていても10秒後にはチャンネルを変えていたであろうが、今回は毎晩のように2時間くらい午前2時までテレビでレースを見ている。ライダーは毎日200キロくらい走っている。途中は隣を走っている選手と笑顔で会話をしたり両手離しで走りながらジャケットを着たり脱いだり、補給食を口にしたりと時速40-50キロとかで走っているのであろうがテレビで見る限り全然辛そうに見えない。

プロだからと言う人もいるかもしれないが、プロはトレーニングをしているから疲れないわけではなくアマチュアより疲れにくく、更に速く走れると言うだけで彼らだって疲れるはずである。でも片道15キロの通勤でばてばてになってしまう自分と毎日200キロのレースをテレビで見る限り最後のスパート以外は楽そうに走ってるプロたちの差が違いすぎる。

2009y06m14d_154648250.jpg

どんだけつらいの?足どんだけパンパン?



と言ったわけで夕方とくにやることもなかったこともありこの機会にツールドフランスだけに75号を出動させることを決意。

もう暗くなってたこともあり、知らない道は走りたくなかったので通勤路から北へ向かうルートを走ろうと考えた。


yotei01.jpg

スタートは左真ん中下に見えるRyde。そこからSydney(City)に向かい、その後北上しこのまえみんなで走ったルートでTerrey Hills経由でそのままRydeに帰ろうと思いながらとりあえず出発。


出だし気分はツールドフランス。しかし最初の上り坂で気分台無し。クロスの30号と車体のバランスが違うためダンシングもしづらい。そしてやはりロードを漕いでると言うことで必要以上に足を回してしまっているんだろう。すぐに息が上がり足が痛くなる。そして下ハンドルはあまりにも前傾が強いため平坦では上から握っているが、上からだとブレーキをかけても利きがいまいち。もともとマウンテンやクロスバイクに比べてロードバイクのブレーキは利きがよくないようだが(元々高速で走るために設計されているため利きすぎると逆に危ないらしい)、とはいってもなれてないだけにちょっと怖い。そして下りはブレーキもかけやすいし空気抵抗も少なくなるために下ハンドルを握って降りるが、これが顔の位置がクロスを乗っているときに比べて相当前、そして地面に近くになるために万が一何かにぶつかったら真っ先に顔がぶつかりそうでこれが結構怖い。こんなことを書いてしまったらこの先みんながロードの購入を躊躇してしまうかもしれないが、まあこれは慣れだろう。マンリーダムだって最初は誰でも怖い(T子ちゃん以外)。

まあでもわるい事ばかりではもちろんない。平坦でのスピードはクロスより多少速いだろうし、チョイ坂はタイヤが細いせいか楽に感じた(30号タイヤ細くしちゃおうかなぁ)。まあそんなわけでCityまで無事到着し、そのままKent Stを走ってハーバーブリッジを越えてNorth SydneyからMiller Stをそのまま北上。North Bridge手前までちょっとしたのぼりが続きそのへんから疲れてきた。そして飽きてきた。そのまま更に北上しWarringah Rdにぶつかりそのまま右折をし、Frenches Forest方面そしてForest Wayを更に北上








の予定が、Warringah Rdにぶつかった交差点で左折している自分がいた。






自分に負けた。


images4.jpg





なぜあそこで左折してしまったんだ。行こうと思えば行けたはずだ。むなしい帰路であった。



yotei02.jpg


sakuraba.jpg








俺できたよ、桜庭さん。






じゃ、情けなすぎる。ということで明日また仕切りなおし。あの交差点を右に曲がるぞ!






明日天気晴れかよ。。



にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ  やる気↑します。ポチッとお願いします。   

Comments

Leave a Comment


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。