FELTMANとゆかいなチャリ仲間たち

メタボ解消のためシドニーでチャリ通を始める。仲間とのマウンテンバイキング、ポタリングも新しい趣味となりました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: 未分類

Tags: ---

 

ジテ通必要アイテム


自転車通勤の準備は自転車を買うだけで終わりではない。他にもいろいろと必要なものは出てくる。それなりに出費もかさむと思われるので最初から良いものを安く無駄なく買うように心がけたいところ。(自分で言うのもなんだが、自分の失敗談は結構参考になると思う)


■ヘルメット■

helmet.jpg

オーストラリアでは法律上着用が義務付けられている。安いやつだと$20-$30くらいから手に入るかもしれない。上は数百ドルのものまである。2,3年おきに変えたほうがいいらしい。$100以上からは値段が上がれば上がるよど安全性が上がると言うよりむしろ軽くなるとか空気抵抗がどうのこうのとかジテ通では重要でないものによる違いとなってくると思われる。

(関連ブログ)
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-119.html
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-109.html


■サイクルコンピューター■

velo513.jpg

これも安いものからGPS内蔵、心拍数やケイデンスなども測れる数百ドルのものまでピンきり。自分は$20かそこらの安物をつけているが走行距離、平均時速、最高時速、消費カロリーなどもわかり必需品ではないがモチベーションを上げるにもぜひ付けておきたいアイテム。


■ボトル・ボトルケージ ■

bottle.jpgmodulacage_ex.jpg
数百ドル以上の自転車を購入すればただでくれることが多い。水分補給は重要なだけに持っておきたい。
自分はボトルは保温性の高いPolarの物をあえて購入。ボトルケージもちょっと見た目がいいやつに変えてしまった。

(関連ブログ)
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-83.html
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-113.html


■ライト■

frontlights.jpg

夜間走行するには絶対必要なアイテム。10ドルから数百ドルまでピンきり。ただこれは安全にかかわるためケチりたくないアイテム。しかも前1つ後1つよりも数があればあるほど目立つ。ジテ通を考えてる人は前$100、後ろ$40くらいの明るいものがお勧め。安物を買うと結局安物買いの銭失いになる。

(関連ブログ)
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-133.html
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-57.html
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-156.html


■バッグ■

velocity.jpgsaddlebag.jpg

両肩に背負うタイプ、片方の肩から斜めにかけるタイプ、後輪に台をつけそのサイドにぶら下げるタイプなどいくつかの種類があるが、通勤となるとさすがにほとんどの人が手ぶらと言うわけにはいかないと思われるため必要であろうと思われるアイテム。ただ普通にリックをもっていればそれでももちろんまかなえる。
自分は仕事で必要なもの以外にも着替えやタオル、弁当なども入れている。予備チューブやタイヤレバー、携帯ツールはサドルバックに入れている。ちなみにリックもサドルバックもTREKer部長お勧めの完全防水オルトリーブというブランドのものを使用。


■セキュリティーロック■ 

lock.jpg

オーストラリアでもその辺に鍵なしで止めておくとすぐに自転車は消えるだろう。ちょっと走ってる途中どこかでトイレなんて事もあるだろうし、常に常備しておきたいアイテム。それなりに高価な自転車に乗ってる場合はある程度丈夫なものがほしいところだ。


■携帯ツール・スペアチューブ・携帯用空気入れ■

multitool.jpgtube.jpgminipump.jpg

走行中パンクはつき物。その場でチューブ交換しないと仕事に遅刻してしまう。携帯用マルチツール、スペアチューブ、小型空気入れは常備必修。

airkiss.jpg
自分はCO2式もサドルバック内に常備している。これは本当に一瞬で空気が入るとても便利なアイテム。


まあこれ以外にも細かいものをあげたらもっとどんどん出てくる。特に身につけるもの系は必要なものがたくさん。冬は防寒対策も必要だし、通勤中いつ雨に降られてもいいように雨具もあったほうがいい。手袋やアイウェア、パッド入りのパンツなんかもあったほうがいいかもしれない。




((自宅で必要なもの))


■床起き空気入れ■

floorpump.jpg

携帯用では特にロードバイクや細めのタイヤを履くクロスバイクのような高気圧を必要とするチューブを規定値まで入れるのはかなりつらい。携帯用はあくまでパンク後目的地までとりあえずたどり着けるようにするための臨時用と考えておこう。
これもあまり安物を買うと高気圧が入れにくかったり入れてる途中に抜けてしまったりする事もある。ジテ通をするくらいなら名の知れたブランドの物を一つ持っていてもいいとおもう。

(関連ブログ)
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-63.html


■チェーンオイル、ディクリーザー、グリス、ブラシなどの清掃グッズ■

IMG_0237.jpg    muc-off-5brushset-ind.jpg

こまめな洗浄、注油が自転車を快適、かつ長持ちさせる(まだ自転車持って半年も経ってないので実際そうなるのか経験はしたことがないのだが。。)。まあブラシなどに関しては普通の食器洗いようスポンジ、歯ブラシ等でも代用可であると思う。

(関連ブログ)
http://feltman.blog51.fc2.com/blog-entry-27.html


メンテナンスに必要なツールに関してはどれだけ自分でメンテナンス、修理をするか、お店でやってもらうかの度合いによっても必需品が変わってくるだろう。ただジテ通をするのであれば、最低限タイヤの空気圧のチェック、チェーンや各パーツの清掃・注油、各ネジ部分がきちんと締まっているかの確認くらいは定期的に自分でできるようにしておくべきだろう。


スポンサーサイト


最新記事

最新コメント
全記事表示リンク
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。